家具

2018/05/01

家具+額縁ブログのある理由

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

わたしたちの発信する3つのブログのご紹介です。

家具と額縁のブログは、それぞれの作り手が

お客さまとともに作り上げたものを

自分の言葉で、お伝えしています。

作り手自身が、伝える。

大切なことです。

----------------------

まず、1つは、こちらのブログ。

暮らしのなかから見えてくる

家具の視点・額縁の視点を

作り手ならではの考え方をプラスして書いています。

こんなふうに考えて

こんなふうに暮らしのなかで使っているんだな。

そんな、リアルな感覚をお伝えできたらなあ、と思っています。

あわせて、ワークショップ等イベントの発信も

こちらのブログでしています。

----------------------

2つめは、「家具ブログ」です。

実際にお客さまからご注文をいただいた家具の詳細を書いています。

どのようなご要望(ご希望)があって、

どのように考えて

かたちとして完成しているのか。

その経緯が見えるように書いてありますので

「オーダーメイドって、難しいなあ」

というかたにとっては、

自分の事として置きかえられるくらい

身近に感じてもらえる内容になっています。

majakka・オーダーメイド家具

最近の記事は、【ベンチソファ】をご紹介しています。

座る・寝ころぶ・それぞれに離して置いても使える。

理由があるから、そういう形になった。

ただ、デザイン性だけを求めるのではなく

使うひとにとって、理にかなったカタチで仕上げること。

それを大切にしているmajakkaの家具です。


・・・→ 家具ブログ、こちらから

----------------------

3つめは、「額縁ブログ」です。

こちらも「家具」同様、お客さまからのご注文の詳細を書いています。

額縁は、まず、「これを飾りたい」という

お客さまの強い気持ちがあってスタートするものなので

書いている、わたし自身、いつも

感情が高まります。

額縁ありき、の製作スタイルではなく

まず、「飾りたいもの」、「飾るもの」から始まる

額縁の物語を愉しんでいただけましたら、うれしいです。

majakka・オーダーメイド額縁

最近の記事は、【ご出産のお祝いに贈る額縁】です。

大切な瞬間を、いつも眺められるかたちで

暮らしのそばに置いてもらいたい。

贈り主の気持ち&心も、つまった、

素晴らしい贈りものですね。


・・・→ 額縁ブログ、こちらから

----------------------

majakkaは、「家具+額縁」で、ひとつです。

これからも、ひとつひとつの暮らしに

あったかい灯りをともす、

あなたにとっての「大切」をつくる

作り手でありたいと思います。


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

オイルvsウレタン仕上げ・違い実感グッズとは?

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、「わかるグッズ」のご紹介です。

わかる?なにそれ?

これこれ。

----------------------

以前、ある量販店さんで、

「無垢の木家具!」と謳いながら、

ビッチリ!

ウレタン塗装で固めてるテーブルの天板を見たとき

これ、わざわざ、無垢の木じゃなくてもよかったんじゃないかな…

なんか、残念だなあ。

なんか、もったいないなあ。

と、感じたのが、

「ちゃんとわかること」を、伝えられるものを

作ろうと思ったキッカケなんです。

----------------------

オイル、ウレタン、

言葉は耳にしたことがあるかもしれません。

でも、その違いは?

違いを持たせる意味は?

「なんとなく、わかるようで・・・」

やっぱり、よくわからない・・・

ならば!

ということで、【見て・さわって】

オイル仕上げとウレタン仕上げの、

違いがわかる、実感グッズを店頭に用意しよう!

ということになったのです。

はい、それが、こちら。

majakka・無垢の木家具・オイル仕上げについて

結果から申し上げますと

オイル、ウレタン、どちらにも一長一短あり。

どのような場で、どう使うかで、使い分ける必要はあります。

それを考慮したうえで、

なぜ、majakkaでは「オイル仕上げ」で無垢の木家具を製作しているのか?

それが、わかるように、「実感コーナー」は、まとめてあります。

----------------------

言葉だけで理解することは難しくても

さわって、実感できるものがあることで、理解は深まる。

わたしたちは、そう考えています。

オイルとウレタンと

それぞれに仕上げたタモの木のブロック。

ぜひ、実際に手に持ち、さわってみてください。

majakka・無垢の木家具・オイル仕上げについて

そして、それを誰かに伝えたいとき

簡潔にまとめられた説明書があることで、

相手と自分と一緒に理解を深めることができる。

そのお手伝いができたらいいな、と思い

持ち帰れる説明書もご用意しました。

majakka・無垢の木家具・オイル仕上げについて

この【無垢の木+オイル仕上げ】は、

日頃、手にふれる機会の多いダイニングテーブルで

威力を発揮します。

ずっと、長く使うものになるはずだから

納得して選んだものを使ってもらいたい。

それが、ひとりではなく、

家族みんなで使うものであるのなら

みんなが、納得できるものを。

それは、作り手としての願いです。

でも、ご来店は家族みんなで、ではなく

おひとりで、来てくださるかたも

少なくはありません。

そのとき、おうちに帰ってから

「オイル仕上げの無垢の木のテーブル、よかったよ!」

ということを、ご自身の口で説明できる

お助けグッズとして

ご用意した「説明書」を活用して、

そして、実際にさわった感触を伝えていただけたらなあって思っているんです。

----------------------

ダイニングテーブルの上に、のせてあります。

ぜひ、お手に取っていただけましたら

うれしいです!

----------------------

過去のブログ記事で・・・

【 無垢の木家具のお手入れ方法 】 についてお話ししています。

お手入れも、たぶん、思っているほど難しい!

って、感じではなく、

きっと、手をかけるほどに愛おしさが増していく

そんな暮らしのなかの、ひとつの習慣になっていくのではないかな?

と、思います。

・・・→ 記事は、こちら

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

居場所をつくるテレビボード

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、わたしたち「作り手」の発信する

【 つくる暮らし 】のコーナーです。

自分たちの生活スタイルに合わせることで生まれる

「居場所×モノ」 について・・・

が、今回のテーマです。

majakka・小さいテレビボード


----------------------

さて、

自分たちの暮らしのスタイルってどんなだろう?

考えてみたことって、ありますか?

スタイルっていうと、

え?カッコいい感じのもので?

とか想像しちゃうけど、そうじゃなくて

もっと普通に、習慣のようなものを想像していただけると、わかりやすいかな?

と、思うんです。


たとえば、我が家の場合、

ほとんどテレビを見ない生活なんですね。

ならば、その生活スタイルに合わせた家具を作ろうってことになったんです。


majakkaの考え方

【 モノに生活を合わせるのではなく

生活(人)に合わせて、モノをつくる 】


そうすることで、

暮らす人にも、暮らしに必要なモノにとっても、ちょうどよい。

「居場所」 をつくることが、できるんです。

----------------------

まず、作る前に、


①作る必要性・意味 (なぜ作るのか?)

②どうしたいのか?希望 (こうだったらイイな)

③必要とする機能


を、考えていきます。

これは、オーダーメイドのお客さまにも通じる部分で、

さらに、使用場所に応じたサイズ感

誰が使うのか?(人数)等も、

アイテムによってプラスして考えていきます。


では、我が家のテレビボードに戻り・・・


①作る必要性・意味

テレビ自体が小さいので、モノも小さく・・・

とにかく小さいテレビボードが欲しい


②どうしたいのか?希望

DVDを見る機会が多く(アンテナを必要としないので)

置き場所、見る場所は問わない。

むしろ、見たい場所で見れたらいいなあ。


③必要とする機能

好きな場所へコロコロ動かしていける形状

収納するものは決まっているのでそれに合わせた引出し

動かすことを前提に、コード類はスッキリ

全方向から見て美しい佇まいに


そして、これらを踏まえて完成したテレビボードが、こちら。

majakka・小さいテレビボード

あら、ちいさい。

DVDデッキが見えてる必要もないので、

使うときだけ、前面ドアを上げます。

majakka・小さいテレビボード

持ち上げて、ぐっと奥へ下げます。

majakka・小さいテレビボード

引出しに入れる物は、DVDが1~2枚&リモコンなので、

浅いもので充分で、おかげで見た目もスッキリです。

majakka・小さいテレビボード

ピシッと!

majakka・小さいテレビボード

どこに置いても・・・

ということは、うしろから見ても美しく、ということで

うしろ姿もスッキリしています。

majakka・小さいテレビボード


----------------------

据え置きの家具を、「ここ」 と場所を決めて置くことでも、

人の居場所は決まるし(たとえばソファーとか)

人に合わせた(生活スタイル・行動に合わせた)

家具を用意することで、

自由に好きな場所に、人の居場所を作ることができます。


○○ではなくては、ならない。

というセオリーに縛られすぎず、

「自分たちはどうだろ?」と、ふと振り返ったとき

きっと、もっと、

人と空間に 【自由で居心地のよい場所】

が生まれるのではないかな?と思うのです。

----------------------

いまどき、「小さなテレビでイイね」っていう人、そんなにいないよねえ。

なんて、言っていたら、いやいや、そんなこともなくて。

「うちもテレビ小さくていいやって思ったんです」

というお客さまが、ご来店されてうれしかったことも、

この記事を書くキッカケにつながりました。


生活のスタイルはそれぞれ

それに応えていくことが、わたしたちの役目です。

ぜひ、お気軽に、ご相談ください~♪


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/23

雑誌『住む。』、majakkaの自宅登場

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回、3月21日に発売された

雑誌 「住む。」 の春号

majakkaの自宅が紹介されております。

という、おしらせです。

----------------------

特集「自在に直す集合住宅。」ということで

団地・マンション・ペントハウスと

それぞれの住まい手の考える暮らしのかたちが

個性ゆたかに登場しています。

majakkaと「住む。」と

「住む。」は、インテリア雑誌というよりも

住まい手の考えが反映された家を

建築士と住み手が、どう表現し

そして、どう住みこなしているか。

「住み方・暮らし方」を、見せてくれる雑誌であると思います。


竣工直後のピカピカを追うのでなく、

出来上ってある程度の年月を暮らし

「その人らしさ」が、

にじんできたところで取材に伺う姿勢が

わたしは、好きです。

----------------------

そのなかで、我が家は少し独特でもあります。

まず、記事が語り口調なのです。

わたしが、しゃべっています。

内容も、なぜ、このような間取りにしたのか?とか、

仕舞いや仕上げ方といった、

部屋のしつらえのディティールに注目するのではなく、

この住まいのできるまでの経緯が語られていきます。

----------------------

わたしたちmajakkaの姿勢として

「自分で、自分の暮らしを作る」を、

ひとつの芯としています。

この「住む。」の記事のなかでも、そのことが語られています。

majakkaと「住む。」と

自分で作る、といっても、作りかたは様々で、

すべて自分ひとりでこなす必要なないと思うんです。

できないところは、できる人(プロ)に頼めばいい。

でも、可能な限り、自分も深くかかわってもらいたい。

それは、暮らしのハコとなる「家」もそうだし、

わたしたちmajakkaの、

人の居場所をつくる家具や、

暮らしにその人の体温をプラスする額縁もそう。

作るのは、プロだけど

それを一緒に考えて、使いこなしていくのは

暮らし手ひとりひとり。

わたしたちは、そのお手伝いをさせていただく立場にあると

いつも考えています。

----------------------

記事は10ページにわたり、美しい写真とともに

暮らしの様子が伝わる内容になっています。

majakkaで製作した家具・建具も随所に登場します。

今後は、「飾る場」を意識した壁づかいを、

家具屋と額縁屋の協働で、考え、製作する計画です。

みなさまの暮らしのヒントになればいいな

と思いながら、具体的なかたちを意識して作っています。

----------------------

わたしたちの、この「暮らしの場」は

毎月1回、開放・公開しています。

SHOPスペースに並ぶ、家具と額縁とは

一味ちがう、暮らしの空気をまとったモノたちと

家具屋+額縁屋の考える

暮らしのカタチに、ぜひ会いに来てください♪

そして、あなたの暮らしの「つくる」の

ひとつのキッカケになれましたら

これ以上、うれしいことはありません。

お会いできる日を楽しみにいたしております。

----------------------

majakkaの自宅は、『暮らしのハコ301』として

別のホームページで詳しく発信しています。…→ こちら

オープンハウスの日取りや予定も随時、発信しています。

次回のオープンは、3月24日(土)です。


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

DIYと、オーダーメイドと

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、DIYとオーダーメイドの違いってなんだろう?

それを、考えてみます。

----------------------

majakkaでは、わずかなのですが

「ものつくり」 ワークショップを開催することがあります。

2年前、「飾りだな」を作るワークショップをやりました。

・・・→ 詳細記事は、こちら

このときに、参加してくださったかたが、

後々、オーダーメイドの家具のお客さまとなったのです。

先日、納品に訪れた際、玄関には

2年前に作られた飾りだなが、飾ってありました!

「あ~、使ってくださってる!」

それが、なんともかんとも、本当にうれしくて。

majakka・飾りだなワークショップ

こちらのお客さま、

majakkaのお客さまの層のなかでみると、「若い」かたです。

majakkaにご来店されるかたは、

ファミリー層 ~ が圧倒的に多く

「若いひとにとって、オーダーメイドって、やっぱり敷居が高いのかな?」

って、思っていたんです。

----------------------

2年前のワークショップの頃を思い出すと

若いかたなのに、

「暮らし」に対する考え方がとてもしっかりしていて

わたしたちが、驚きました。

----------------------

器用で、電動工具をはじめ、道具もいろいろ揃えており

ご自身でもDIYを愉しまれるとのことでした。

自分でも出来る、作れるのに、なぜ?

ワークショップに参加してくださった理由を訊くと・・・

「自分でも作るけど、やっぱりプロは違う」

その境界線を大切にされていました。

あと、「メリハリ」

なんでも作る、ではなく

「ここぞ、という見せ場になるものはプロにお任せしたい」

キッチリと言いきってくださる姿に心打たれました。

majakka・飾りだなワークショップ

----------------------

今回はご結婚という

人生の「節目」に、

オーダーメイドの家具のご依頼をしてくださいました。

まさに、ここぞ!

という節目ですよね。

これから新たな暮らしをつくる、

暮らしを整えるキッカケであり、土台として。

そして、

長く大切に使えるものとして。

オーダーメイドの家具を迎え入れてくださいました。

作り手として

これは、まさに

人生の門出を祝う、贈りものだなあって。

おめでとうございます!

の気持ちをこめて、つくり、お届けしました!

----------------------

無事、納品が完了してから

「これなんですけど・・・」

何やら、奥の部屋から持ってくるお客さま。

キッチンに取り付ける棚をDIYでつくる・・・そのご相談。

そう、DIY魂は、ちゃんと健在♪

やっぱり、メリハリなんだなあって。

うれしくなりました。

つくることの愉しさを共有できるって、

やっぱり、うれしいです。

----------------------

今回、納品しました家具は

また、あらためて 「家具ブログ」 にアップしますね♪

(納品した家具を紹介しているブログです)

おたのしみに~。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

木の 「まな板」 削り、やってます♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

じつは、こんなこともやっているんですよ。

今回は、そんなお伝えブログです。

度々、問合せのお電話をいただくので

きっと、探している人いるんだろうな、そう思いまして。

----------------------

タイトルにもある通り、

ご家庭で普通に使っている木のまな板。

どんなに丁寧に扱っていても

黒ずんできてしまうことがあります。

よく洗って、よく乾かしても、

う~ん。。。

そんなときは、まな板の表面をカンナで削ることで

サラリと。

使い始めたころの、まな板に変身しますよ♪

----------------------

≪ まな板削りの流れ ≫

①現物をこちら(majakka)にお持ちいただきます

②現物を見て、どのくらい削るかのご相談

③お預かりして、削り・仕上げ

④お代金は、2200円~


----------------------

※ 注意事項・おねがい

・ 郵送等での受付はいたしておりません。
・ ご来店・引き取りが可能な方のみ。
・ しばらくのお時間お預かりすることになります。(数時間~1日)

(店内でお待ちいただき、すぐお渡しできるサービスではありません)


----------------------

・ ご来店前に、お電話あるいはメールでご連絡をお願いいたします。

電話 : 078-737-0172 
メール : こちらから


----------------------

普段は、お客さまからご依頼の家具・額縁を製作しています。

その製作の合間に、

自分たちの工房で出来ることと、

それを必要としてくださる人とが、

一致したら。

お互いに、うれしいし、ありがたいなあって思うんです。

ぜひ、お気軽に、お声がけください♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/15

お客さまの、おうちで一緒に考える

こんにちは、majakka(マヤッカ)です。

本日は、お客さまと一緒に

オーダーメイドを考える。というお話しです。

------------------

家具を考えるとき

おうちに、新しい家具を迎えたい、と考えたとき

みなさま、どうしてますか?

majakkaの場合、

商品一覧出てます、のカタログから探すだけでなく

店頭に並んでいるものから選んで買ってもらうだけでもなく

------------------

① 必要とされている場で

② なにを

③ どんなふうに、どんなボリュームのものを

使いたいのかな?

------------------

を、お客さまと一緒に考えるところから始まるので

majakkaのお店だけで、

オーダーメイドのお話しをまとめるのではなく

お客さまの、おうちへオジャマして

お客さまの、アタマの中のイメージを

「使いたい現場」で、

一緒にお話しすることで

ぼんやりしたイメージから、

「こんなだな!」

という、具体的なカタチを一緒に見出していったりします。

お客さまのお家で採寸

新居での生活が始まった

旦那さま、奥さま、

いままで、それぞれが使っていた家具を持ち寄り

生活は、スタート!

で、使っていることで見えてくる

「なんか不便だな」

の、思い。

いままで、1人で使っている分には

この大きさで大丈夫だったけど

2人で使うには、狭いなあ・・・

という、ダイニングテーブル。

どこが、どう不便なのかな?

どんな使い方を日常でするのかな?

お話しを伺います。

------------------

① テーブルの上に、常にノートパソコンがのっているので、食事の際にはサッとしまえるようにしたいね

→ 天板の下に浅い棚を設けようか?

② ランチョンマットを使いたいな♪

→ いまのテーブルでは小さすぎて、マットが重なってしまう・・・

では、それとあわせて、イスは?

など、など、

一気に、ぼんやり 「夢のテーブルだー!」

に、突き進むのではなく

ひとつひとつ、「 解剖 」 する感覚で

欲しい&必要とする要素、

不便な要素はなにかを

解読していきます。

オモシロいです。

ここから、ひとりひとり、それぞれの暮らしにあわせた

家具が生まれていきます。

さてさて、

どんな、ダイニングテーブルが完成したんでしょう?

・・・・→ 完成は、こちらです!

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

成長する子どもダイニングチェア

こんにちは、majakka(マヤッカ)です。

本日は、子どもダイニングチェアのサイズ調整に

行ってきました、のお話しです。

--------------------

majakkaで製作している子ども用のイス。

ダイニングテーブルで使うものは1才から、を基準に作っています。

納品時は、そのときの身長・体格に合せたサイズでスタートします。

納品時、1才ちょうどです。

成長する子どもダイニングチェア

使えば使うほど、

じょじょに、お子さまは成長していきます。

今回、足が長くなってきて、足置き台の高さと合わなくなってきたかな?

ということで、足置き台の高さを少し下げました。

そろそろ、1才10ヶ月。

足のうらが、足置き台にのる高さに調整します。

成長する子どもダイニングチェア

イイ感じ。

作業の合間に、いろいろ質問します。

まだ、肘かけはあったほうがイイかな?

肘かけにつかまって、イスにあがろうとしているから

あったほうがいいかも・・・とか。

座面が窮屈に感じてきたら、肘かけは無いほうが

スンナリ座れるかな。とか。

--------------------

このイスは、3才になる息子も1才のときから使っているので

成長に合せた「様子」を観察しながら、調整をしています。

リアルがあるので、お話しもリアルです。

なんとなく、こうかな~??

ではないので、お互いに安心できることが

とてもありがたいのです。

ともに、育つ。

子どもイスは、ともに成長する家具なんです。

現場で、現物で、

きめ細やかにサイズを調整しながら

大人のイスになるまで、見守ります。

--------------------

お店には、この子どもイスと

成長した大人イスが、並んで置いてあります。

ぜひ、親子ご一緒に。

座りにきてみてくださいな♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

春の 『マルシェ』 に出店します♪

こんにちは、majakka(マヤッカ)です。

さて、本日はお知らせブログです。

------------------

3月11日(土)12日(日) 

神戸アートビッレジセンターで開催されます

【 ひとマルシェ 】 に出店いたします♪


詳細は・・・→ こちらです。

------------------

1年に1回、

アートビレッジゆかりの作家さん・shop等が

一堂に会するとても豪華なイベントです。

お買いもの・見る・食べる

体験する・聴く

・・・・・・・と。

本当に盛りだくさんの2日間となります。

ひとマルシェ

------------------

今回、majakkaは、

テーマを 【食】 とし、

食べること まわりの ものを中心に

木の小物を出品したいな、と思っております。

食が愉しくなる

食がはずむ、すすむ、

美味しくなる♪

そんな木の小物たち。

寒い冬を越え、

こころも身体も動きだす季節に。

ぜひ、春の 『マルシェ』に遊びに来てくださいな♪

みなさまのお越しをお待ちいたしております~。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/27

一緒に作る、家具+飾る ②

こんにちは。
majakkaの額縁屋です。


今回は、前回 ① の続編です。

【 本棚 + majakka壁 + 飾り棚 】 というご注文の


まず、【 壁 】 です。

数枚の杉板を並べて固定したものを (スノコのような感じ)

設置する壁にビスどめしていきます。

ビス跡を最小限の数にとどめるよう

考慮した作りとなっています。

杉野地板の白壁


つづきまして、【 本棚 】

現在お使いのテレビボード等、既存の家具と壁のすき間に

すっぽり収まる・天井までの高さいっぱいの

本棚をご希望されていました。

本棚

本棚の足元には、テレビやパソコンの配線等

いままで見えていて、ゴチャっとしたものを

スッキリさせるよう

隠し扉を。

配線隠しの扉

電化製品がある以上、存在している「配線」。

これらが上手に仕舞えることも

オーダーメイドの醍醐味かな、と思います。


そして、【 飾り棚 】

全体の白く明るい印象にあわせ

飾り棚も、白く仕上げました。

テレビボード、 本棚、 壁、

それぞれのバランスを配慮しながら

手の届く飾りやすい高さを確認しながら

飾り棚の位置を決めました。

飾り棚

背景に【 木の壁 】があることで、

お部屋全体に、木の印象+木の空気がつよまり

グッと、あたたかく、存在感のある空間となりました。

そして、飾る空間が生まれたことで

飾ることが、いままで以上に、

暮らしの一部として愉しめるように。

仕上がり風景

お客さまからのお写真です。

【 使う+飾る 】

ステキな空間が生まれています。

------------------

オーダーメイドって、難しいな。

どう考えていったら、いいんだろ?

そう思ったら

ぜひ、気軽にお店に足を運んでみてください。

今回のお客さまも、

お店の、壁を

そして、展示してある飾り棚を

じっくり、見てくださっていました。

そして、ご自宅に戻り、イメージをふくらませてくださったそうです。

インターネットや写真だけでは伝わらないものが

現物として、ここ、お店にあります。

アタマで考えてるだけでは、わからないし

難しいかもしれない、オーダーメイド。

だからこそ。

気軽に立ち寄ってもらいたいから

工房だけじゃなくて

ショップスぺ-スがあります。

ぜひどうぞ~♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧