開業準備

2012/03/13

開店前日

この土壇場に来てだ。

予想だにしない事態が起きている。

店のADSLがつながらない。

朝、えっほえっほ、パソコンを店に運んだ。

ほいの、ほいの。セッティング。

ここらあたりまでは、よかった。

モデムにつないで、ランプ点灯。

点灯・・・・?

これ、点滅じゃね?

っていうか、いつまで点滅してんの、これ。

ぴかぴかぴかぴか。

無駄に光り続ける、モデムのADSLランプ。

「ダメだねえ、つながんないねえ」←意外と、のんき。

「あかんわ、これ」

と、プロバイダーに電話する旦那。

なんやかんや説明して、言われるがままセッティングし直すも、いまだピカピカ。

結局、詳しく調べないとわからない。

とのことで、その返答や結果も数日後。

もう、店開店しちゃってるやん。

だめやん。パソコンだめやん。

ということで、せっかく店に持ち運んだパソコンを、また、えっほえっほ持ち帰る。

はたして、これが、店の開店する直前にすることなんだろうか。

いや~、何があるかわかんないね、ホントに。

でも、いよいよ。なんてことで、こんなお写真。

Dscn1388

店に看板もついて。

外から見ると、いよいよな感じなんだけど、店の中では、えらいことになってるわけで。

ひとまず、パソコンはだめでも、ちゃんと開店できたらいいな。

と思うのである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/08

オープン間近

いよいよ。というか、ようやく、

家具と額縁の店majakka(マヤッカ)

3月14日。午前11時。

オープンいたします。

イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!

先日、お送りした開店の案内状なんて、誤字あるしね。

「ホームページは、いつできるんじゃい」

と友人から、怒られてるしね。

そんな数々の困難を乗り越え、オープンでございます。

まだ、だけど。

3月14日は、ホワイトデー。

特に何か狙ったわけではないけど、大安だったからね。

シンプルでしょ。

でも、3月14日、ご来店してくださった女性には…

(´~`)モグモグ

( ´)Д(`)むしゃむしゃ

数に限りがございますが。

皆様のお越しお待ちいたしておりますー。

Dscn1329_2

≪店舗詳細≫

店舗住所 〒654-0033 神戸市須磨区東町4-3-5-1F

TEL・FAX  078-737-0172

mail    info@kagu-majakka.com

-------------------------------

開店の案内状をお送りいたします。

上記のメールに発送先&お名前を書いてくださいましたら、早速準備させていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/02/24

看板の作り方2

前回のブログに続き、今回も店の看板である。

今回は、前回よりも

「お、やっているな」

という感じが醸し出ているので、ご安心あれ。

で、ドン。

Dscn1301

木工の技専時代の友人から

「使わないから、あげるよー」

ということで、ありがたく頂戴し、そのままだった糸鋸。

ここで、大いに活躍。

でも、もらってから試運転することもなく、粉塵かぶりまくりだったので、正直、大丈夫か?

と。

心配もよそに、大いに揺れまくり、振動振動で、切りまくってくれました。

いや~、床、コンクリでガタガタだもの。

そりゃあ、揺れるよ。

それにしたって切りづらいな。なんだ?おい?

と思ったら、糸鋸、半分、台から落ちてるやーん。

そんななか、「おかしいな、切りづらいな、安定しないな」と思いながら、無意識で、片手で糸鋸ホールドしてたのね。

激しい震動ですもの、そりゃ、落ちるわな。

左手も、そりゃ、ぶるぶる震えるわ。

って、ことで、糸鋸と台を強引にクランプでとめ、作業開始。

発砲スチロールを切ってるわけじゃないんですよ。

まあ、その類いの物なんでしょうが。

カルプボードっていう物を切ってます。

金属の切り文字。

なんてものに、憧れちゃうんですが、

「んな、お金、ないやろ」

と、旦那に言われ。

泣く泣く探し当てたのが、これ。

金属と全然違うやーん。

糸鋸で切れちゃうって、それ、おかしいやーん。

まあ、理想型ばかり追い求められないので、どこかで収拾つけつつ、開業準備は日々進んでおります。

友人、ありがとう。

Dscn1303

頂戴した糸鋸、大活躍。

ただ、いかんせん、「得意!」と豪語していたワタクシの糸鋸の腕前がすっかり落ちていたわけで。

苦心作。

「majakka」

いよいよ、お目見え。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/16

看板の作り方

もし、「看板の作り方」を検索していて、このページに行き着いてしまったら、ごめんなさい。

ドン。

Dscn1298

これが、当店majakkaの看板の作り方。

壁に直接マスキングテープを貼って、一文字の大きさを検討中。

アナログすぎるだろ。

いくらなんでも。

で、離れて見て、「どうだろね?いいかな?」って。

わかんねえよ。

これでもお互い納得っていうんだから、いいんだか、どうなんだか、夫婦だな、と。

通りすがりの人は、「は?何やってんの、この人たち」な状態で。

そっちのほうが、納得だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/01

開業届

1月31日、ようやく開業届を提出に。

といったところで、店はまだ開かない。

Dscn1287

看板もないので、でも、常に店のシャッターが半開きなので、とりあえず、ドアに告知の紙を貼ってみた。

通りすがりの人が、たまに、「なんじゃろねーここは」って覗いてるんで。

これでわかるかな?

覗いてみたとこで、床にこれから家具になる板がドーンって置いてあるぐらいなんだけどね。

さて、開業届。

これがまた、実にあっさりしたもんなんですね。

「はい、ここ書いて」

「はい、次はこれね」

なんて、数分で終わってしまうのですな。

開業届は数分だけど、開業の準備は、まだまだ山。

その山を越えねば。

Dscn1294

日が暮れてからの作業場は、灯りの雰囲気が好ましい。

どよんとしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

額縁を作る

それぞれの道具や材料も各自セッティングし、ゆるやかに製作がスタート。

額縁を製作するための作業台は、立ち姿勢でも使えるように高めにしてある。

そうなると、普通の椅子では低すぎる。

Dscn1281

実家から運ばれてきた椅子に座布団、折りたたんで座ってるし。
それだって、低い。

というわけで、自分が額縁を作っている横で、旦那はワタクシの作業用のハイ・スツールをまず作っているわけで。

Dscn1280

クランプ、がちがちやな。

「ちょっと、クランプ大きすぎないかい?」と訊いたら、

「大は小を兼ねる」、ということで。

なんていいながら、気づきました?

先日、facebookで「呼び名」をなんとかしないとなあ。

と、ぶつぶつ言っていたのですが、あれ?結局、「旦那」じゃん。

そうなんです。

もちろん、いろいろ考えたんです。

「majakka-マヤッカ」

は、中原秀章と、中原あずさ、の2人で立ち上げた「家具屋+額縁屋」

旦那である中原秀章が家具を。

妻である中原あずさが額縁を。

ということで、それぞれが違う物を一つの店で製作し販売するわけなんです。

となると、「中原です」と言ったところで、どっちも、中原なんです。

どっちやねん。面倒くさい。

そうしましたら、facebook上で皆様が、いろいろご指南して下さったんです。

「昔から額縁作っているんだから、旧姓でやりなよ」

とか。

「アズヲ・ガクブチでやっていたから、アズヲでいいんだよ」

とか。

ふむふむふむ。←考えてる

店の開店と同時に公開したいホームページでの、プロフィールは旧姓でなく今の名前で。

ビジネスライクなfacebookページでは、呼び名はくだけ過ぎず。

プライベート使いに近いfacebookでは、堅苦しくせず従来通り、「旦那と自分」でいいのかな、と。

この、ブログも、ホームページのように真面目すぎては面白くないので、こちらも、「旦那と自分、というかアズヲさん」でいいのかな。

旦那曰く、

「このブログだって、クマちゃんじゃん」

そーだね、そーだわ。

クマちゃんブログで、カッコつけて、旧姓でビシリとしてもなあ、間抜けやなあ。

と思って。

さて、そんなこんなで、自分は黙々と額縁を作っているわけです。

Dscn1285

この額縁は完成間近です。

ちなみに、旦那の作ってくれたアズヲ・ハイ・スツールの座面は、材がまだ揃ってないんで、いまだに座布団くくりつけたまま。

他の椅子と一緒に座面やるから、我慢ね。っていうか、

「それで、ええやん」

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

ヤダくて。

かわゆい座面はりなさいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/09

額縁作業部屋

それぞれに道具・材料を運び込み、それぞれの作業スペースの構築に入りました。

引越のたびに感じるのですが、

「実に荷物が多い」

その、かさばっている物は、洋服でもなく生活用品でもなく趣味の物でもなく、ひたすら、額縁の道具と材料だったのです。

とりあえず、ならべてみようにも

068

ちっとも、はかどらない。

荷物ひろげるだけ、ひろげちゃって。

shopスペースも荷物だらけ。

070

しばし、放置状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/05

新年

あけましておめでとうございます。
年が明け、のんびりしている間もなく、開業準備です。

2012s_2

あらためて、開業。
何をするのか、といいますと。

家具と額縁を製作して販売するところを、自分たちで作っているのです。

ひとつの物件を、まず、2つに仕切ります。

片方には、木工機械を設置し家具製作をするための工房とします。

もう1つは、完成した家具と額縁を並べるshopスペースになります。

そのshopスペースの奥が、額縁製作&事務仕事をする作業部屋になっています。

そんなわけで、スケルトン状態の物件を仕切るために、まず壁を作り→床をはり→塗装。

これで、だいぶ、かたちになりました。

そして、年末にはshopの顔となる入口を。

なんでか、ずっと譲らなかったのが、この入り口。

「引き戸がいい!引き戸!」

引き戸は、開き戸に比べると、施工は面倒です。

それは、わかっていました。

しかし、これは譲れず、最後まで意見を通し、結果として希望どおりの引き戸を作りました。

ぜひ、みなさま、この引き戸をスルスル開けてお店にお越しください。

自慢の引き戸です。

055

現在は、いつまでも内装作業をしているわけにもいきませんので、それぞれの作業スペースの構築に入りました。

棚を検討したり設置したり、道具を運び入れる準備をしたり。

いよいよ、製作の段階に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

内装作業・3週間

12月半ばから、電気・機械の業者の出入りが多くなり、工房らしくなってきた気配。

山奥でやるのならともかく、町中でやるとしたら広さに制限があるのは、致し方ない。

052

機械が大きく感じる。

木工の学校で使っていたものって、こんなに大きかったか?

機械も入ったということで、店舗入り口の施工も急ピッチで進んでいく。

戸を作る。

054

クランプで固定してやるから一人でできる。
ということで、今月半ば以降の作業は、旦那一人で黙々と。

たまに、出向いて行ったかと思うと、お写真パシャパシャ撮って、ジャマするだけジャマして帰っていく自分。

行くたびに、かたちになっていっているんで、

「おお!」、「おお!」と愉しい。←リアクション王なので、いちいち騒々しい。

この枠に、はめる引き戸を作っているんです。

056

shopの電気もセット。
天井、塗らないと一部、石膏ボードむき出し。

057

じょじょに。じょじょに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/12

内装作業・2週間

先週のハイライトは、「はつり」と「一斉・壁塗り」。

11月の下旬はまだまだ見えないねえ。
そんな感じではあったが。

始まると、動き出すと、どんどん形になっていくんだなあ、と。

壁を立てるために作った枠に、端から順々に杉板をはっていく。

Dscn1230

ホームセンターで購入した安価な材なので、しっかり乾燥なんてされておらず切りたてほやほやな感じ。

「湿ってるねえ湿ってるねえ」

手袋した手で、ぺちぺち板を叩く自分。

「手袋した手で、わかるんかい」と、旦那。

「見た目だよ」

「・・・・・・・。(それでわかるんかい)」

Dscn1238

乾燥に伴って木が「動く」ことを考慮して、隙間を作ってはる。
びしり、と。

続いて、床。

コンクリの、正直、水平は出ていないでこぼこの床に、コンパネ直ばり。

壁にしたって、床にしたって、手を入れればどこまでも入れられる。

こだわれば際限はない。

でも、いま、自分たちに必要な「箱」はどんなものだろうか。

と考えたとき、ものすごく手を入れた贅沢な「箱」ではなく、必要最低限であっても、そこで物を作ることができて、きちんと並べることが出来ればいいのだ。

なーんて言いながら、「あーしたい、こーしたい」、いろいろ言ってはいるんだけどね。

Dscn1244

杉板をはらない向かい側のコンクリの壁。
破壊しているところがあり、久々の鏝(こて)仕事。

「お?お?面白い」

なんて言って夢中でやってるうちに、写真撮る間もなく終了。

Dscn1239

片付いてますな。

そして、ハイライト1、「一斉・壁塗り」

旦那の職場時代のお仲間の方々が、手伝いに来てくださいまして、

Dscn1245

一斉に塗る。

あっという間に、終了。

調色した一斗缶の塗料、瞬く間になくなる。

人手が集まるとすごいなあ。

いつも、二人だもんなあ。

地味なんだよなあ、いかんせん。

この日なんて、華やかだもの。人いっぱい。

は、さておき、本当に助かりました。
お忙しいところ、わざわざ来てくださって、本当にありがたい。

そして、翌日からは、また地味に。
人数、激減。

地味ながら、ハイライト2。

「はつり」

Dscn1250

入口を引き戸にするため、レールが必要なんです。

そのレールをコンクリの床に埋め込むため、コンクリを「はつる作業」が必要なんです。

非常に、これは悩みました。

自分たちでやるべきか。

というか、そもそも、こんなん、自分たちでやれるのか?

Dscn1253

やってる。

Dscn1255

埋めてみる。

先週の、ハイライトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)