« 手作り・つみ木ワークショップ開催します | トップページ

2019/05/09

つみ木ワークショップの風景

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

10連休、みなさま、いかがお過ごしされましたでしょうか?

majakkaでは、連休の始まりと終わりにワークショップを開催しました。

今回は、その様子をレポートいたします。

----------------------

大人の方、ご家族で、子どもたちで

それぞれの参加のスタイルがあり
わたしたちにとっては、それぞれに発見のあった
本当に充実したワークショップとなりました。

まず、袋を選び
それに、おさまるよう、カタチ多様な木っ端から
好みのカタチを選び、
ひとつひとつ、丁寧に紙やすりをかけていきます。

Dsc02420

「カタチが変わっていく。
それが、実感できるのが愉しい。」

参加者さんの素直な感想が、心に響きます。

Dsc02459

日々のこと、仕事のこと、もの作りのこと。

お話しをしながら、ひとつひとつ木を磨くことで、
心が磨かれていくことを静かに感じます。

Dsc02468

ご家族みんなで参加。

それぞれの年齢にあわせて、お父さんお母さんが
やさしくサポート。

Dsc02425

子どもたちは、発想もゆたか。

やすりがけが終わったら、コンプレッサーの空気で
木粉を飛ばす。

その作業も、ひとつの遊びに。積み木にしながら。

Dsc02431

仕上がったものに、絵やアルファベットを描き
「贈りものにするの」と。

Dsc02436

姉妹、仲よく制作している風景が、とても心地よく。

Dsc02519

最終日は、5才の息子も参加。

Dsc02516

なんで、絵かいてるねん。
意図ずれてる自由だぞ、むすこよ。

Dsc02520

一緒に参加してくれた女の子が描いた
袋の絵に感化されて、息子も描いていた、という理由。

つみ木+布袋、という組み合わせが
とっても、喜ばれました。

Dsc02533

1才を迎えるお子さまに、お父さん・お母さんからの贈りもの。

お父さんの仕上げた、木っぱ・つみ木を
家族みんなで一緒に、袋に詰めます。

この、あたたかい空気が
手作りを届けたい、わたしたちの想いなんです。

それを体験していただけたことが
今回のワークショップの豊かな実りでもあります。

ご参加してくださったみなさま
本当にありがとうございました!

つみ木ワークショップ、季節の好い時期に
またやりますよ♪

 

----------------------
----------------------

手づくりの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

WEB・・・→ https://kagu-majakka.com/

----------------------
----------------------

|

« 手作り・つみ木ワークショップ開催します | トップページ

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作り・つみ木ワークショップ開催します | トップページ