« お客さまの声・家具6 | トップページ

2017/10/18

子どもお箸つくりワークショップ無事終了♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

10月15日、神戸マリンピアのイベントで参加させていただきました

【子どもお箸つくり】、楽しく無事終了いたしましたー。

当日の様子をレポートします♪

----------------------

今回のワークショップのテーマは・・・

〇 子どもの手の大きさに合わせた箸を作る

〇 親子で一緒に作る

というもの。

そして、毎回、majakkaのワークショップといえば…

「簡単には出来上らない」

ということ。

時間つぶしで参加できる、とか

イベントの賑やかしで・・・とか

そんな目的で、私たちはワークショップを開いてはいないんです。

子ども向けのイベントであっても

しっかり、意味 (目的) をもったメニューを考えています。

これは、大切なことだと思っています。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

猛烈にやすりをかけるの図。

----------------------

さて、参加者さん。

小さなお子さまは3、4才ぐらいから

大きなお子さまは、小学生高学年くらいまで。

年齢は幅広く、

むずかしい作業(小刀を使う)も

お父さん・お母さんと相談して

挑戦してくれる姿が見られました。

正直、箸先を小刀で削って、かたちを作る作業は簡単ではないと思うんです。

でも、あきらめずに「やる」姿は

本当にうれしかったです。

私たちは、見守りながら

がんばれー、がんばれー♪って。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

----------------------

参加の動機を伺うと

「子どもに合わせたお箸が欲しかった」

「子どもに体験させたいメニューだった」

などなど、

お子さまを主役として参加を考えてくださった方が多く、

親ばかりが作業に熱中するのではなく

「あなたもやるんだよ」

と、子どもが出来る部分は

ちゃんと、やってもらう。

そんな姿にも

うれしくなりました。

----------------------

私たちmajakkaの提案するワークショップには

手本といいますか、

「こう作りましょう」 「こう作ってください」 というような

見本は無いに等しいです。

作るひと、それぞれが、

それぞれの完成に向かっていければいいな。

私たちは、あくまでも、それをサポートする立場でありたいと、思うのです。

自分自身で、考えて作るからこその

満足感や納得。

むずかしい、苦労した、大変だったを

キチンと体感するからこその

達成感。

それらを、ワークショップという場で

体験してもらいたいのです。

だから、上手です、下手です。

完成して、おしまい。

では、ないのです。

----------------------

作ったものを、手に持ち、

「これ、つかうんだ~♪」 と。

参加してくださった、お子さまたちの感想は素直です。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

買ったものとは違う満足感や、

自分の手の大きさに合わせて作られた特別感が、

感想から伝わってきました。

合計、20膳のそれぞれのお箸が、完成。

長さもかたちも、それぞれ。

本当にステキなワークショップとなりました。

参加してくださったみなさま、

主催してくださった方々、

本当にありがとうございました!

また、機会がありますことを願いながら、

日々の製作を重ねてまいります!


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

|

« お客さまの声・家具6 | トップページ

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/65931332

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもお箸つくりワークショップ無事終了♪:

« お客さまの声・家具6 | トップページ