« majakkaの夏休み・広島編① | トップページ | majakkaの夏休み・広島編③ »

2017/08/15

majakkaの夏休み・広島編②

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

前回に引き続き、広島旅の模様を。

広島というのは、造船が盛んなまちで

乗りもの好きとしては、たまらないエリアが随所にあります。

息子は、わたしたちの仕事、

「木」と向き合うこと以上に、「金属」&「まわるもの」

そう、乗りものに夢中です。

ということで、今回は乗りもの尽くしでお楽しみください。

(興味ない人には、しんどい)

---------------------

【乗りもの特集】

①マツダ自動車工場見学

事前予約が必要ですが、

猛烈に車好きでなくても、

日々、車を運転する人にとっては興味深く、

本気の車好きにとっては

こうなる

Dsc07716

場所ですね。

本社1階のロビーが集合・解散の場所になるのですが

ここに展示されている車は

乗り放題・さわり放題。

(息子の興奮止まらず)

ここから、バスに乗って工場に移動し

そこでは実際に製作している場を、

熱気と熱風を体感しながら見学できます。

人の手で組み上げていく姿に

自分も、ものをつくる立場の人間として胸が熱くなりました。

そう、機械ばかりで作っているわけではないのです。

やっぱり、「手」なんだな、と。

Dsc07730

ミュージアムでは、数々のクラシックカーと

マツダの技術を知ることができます。

(展示もりだくさんで、そのわりに時間短めで残念!)

工場をあとにして感じたことは

「欲求」ということ。

ここ最近、若者の車離れとか

(所有することの欲に駆られない現実)

自動運転とか

(自分で運転する愉しさからの遠のき感)

なんだか、車に対する

ガッツリとした「欲求」から

どんどん人が離れていっているような気がするのです。

そんな時代の流れの中でも

マツダは、とがってます。

走ること・運転することの

喜びや興奮を

他のどのメーカーよりも

突き抜けて発信しているような気がするのです。

どの社も販売してる似たような無難なファミリーカー仰山、作って売るんじゃなくて。

マツダの車を売る。

カッコいいですね。

自分の生きざまは、そこまで「とがって」いないけど

こんな時代だからこそ

自分たちの「とがりかた」も模索しながら

工場をあとにしました。


マツダ自動車工場見学については、こちらを

---------------------

さあー!乗りもの特集だもの、

次は、船だ!

と思ったのですが、前半語りすぎました。

のでので、次回に。

ゆっくりペースですが、広島旅報告まだ続きまーす♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

|

« majakkaの夏休み・広島編① | トップページ | majakkaの夏休み・広島編③ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/65623282

この記事へのトラックバック一覧です: majakkaの夏休み・広島編②:

« majakkaの夏休み・広島編① | トップページ | majakkaの夏休み・広島編③ »