« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017/08/17

majakkaの夏休み・広島編③

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

まだ続いてます、広島旅。

前回に続き、乗りもの。(またかよ!ですが)

今回は、船です。

------------------

広島の呉市は海軍の本拠地だったこともあり

その関連施設が充実しています。

まず、

まちの中心部に向かう前に、「アレイからすこじま」へ。

国内で唯一、潜水艦を間近で見れる場所です。

場所です・・・・

Dsc07769

が、潜水艦そっちのけで

さかんに意味不明なポーズをとっております。

むしろ、こっちの方が興味深いようです。

Dsc07774_2

呉が軍港だった時代、

魚雷の揚げ下ろしに使用されていたクレーン。

古び感が、たまらない。(この部分は額縁屋の趣味でもある)

つづきまして、「大和ミュージアム」

Dsc07776

中学の時かなあ…

国語の教科書に、この「大和」のお話しがあったのを憶えています。

「大和は沈まない!絶対沈まない!」

その悲痛な叫びが伝わってくる。

数々の展示に胸が締め付けられる思いでした。

と・・・このひとは

Dsc07777

遊んでるし。

ミュージアムには、子どもが遊んで学べるエリアがあります。

3才には、大和は難しかったようで。

でも、本能的に「美しさ」は、わかるようで

本物のゼロ戦(零式艦上戦闘機)は、しっかり眺めていました。

え!?戦う飛行機でしょ!

美しいってどういうこと!

武器を外せば、飛行機です。

大和もそう。

その時代の役目として武器をのせられたけど

飛ぶ姿、海を進む姿

それらは、美しいと思うんです。

子どもたちに伝えることは、なにか。

かみしめながら、次の場所へ向かいます。

はい。

つづきまして、「てつのくじら館」です。

海上自衛隊の歴史を知る場であり

見どころは、なんといっても

本物の潜水艦に乗れること!

はいったど!

Dsc07778

1986年から2004年まで、実際に海上自衛隊で使用されていたものなので

狭さ・ゴツさが、リアルです。

後ろの方が、赤い照明になっているでしょう。

潜水艦って、ずっと海のなか。

時間の感覚が、わからなくなってしまう。

ということで

夕刻になると、艦内の照明の色を変えているそうです。

本気の真っ赤。

Dsc07786

非常事態に思えてしまう・・・

乗りもの好きの息子は、もちろん操縦桿へ。

Dsc07783

最近、思い出しては話しています。

「そうじゅうかんをな こーして ぐーっと さげんねん」

「で? さがってくの?」

どうやら艦内ボランティアの、おじちゃんに、我々の知らぬ間に

いろいろ教えてもらっていたようで。

「しょーたは(自分のこと) せんすいかんの けんきゅうをしないとなあー!」

なにになりたいねん、きみは。

理解できることも、できないことも

ひっくるめて

身体に刻む息子の姿を見ながら

呉を、でました。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

majakkaの夏休み・広島編②

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

前回に引き続き、広島旅の模様を。

広島というのは、造船が盛んなまちで

乗りもの好きとしては、たまらないエリアが随所にあります。

息子は、わたしたちの仕事、

「木」と向き合うこと以上に、「金属」&「まわるもの」

そう、乗りものに夢中です。

ということで、今回は乗りもの尽くしでお楽しみください。

(興味ない人には、しんどい)

---------------------

【乗りもの特集】

①マツダ自動車工場見学

事前予約が必要ですが、

猛烈に車好きでなくても、

日々、車を運転する人にとっては興味深く、

本気の車好きにとっては

こうなる

Dsc07716

場所ですね。

本社1階のロビーが集合・解散の場所になるのですが

ここに展示されている車は

乗り放題・さわり放題。

(息子の興奮止まらず)

ここから、バスに乗って工場に移動し

そこでは実際に製作している場を、

熱気と熱風を体感しながら見学できます。

人の手で組み上げていく姿に

自分も、ものをつくる立場の人間として胸が熱くなりました。

そう、機械ばかりで作っているわけではないのです。

やっぱり、「手」なんだな、と。

Dsc07730

ミュージアムでは、数々のクラシックカーと

マツダの技術を知ることができます。

(展示もりだくさんで、そのわりに時間短めで残念!)

工場をあとにして感じたことは

「欲求」ということ。

ここ最近、若者の車離れとか

(所有することの欲に駆られない現実)

自動運転とか

(自分で運転する愉しさからの遠のき感)

なんだか、車に対する

ガッツリとした「欲求」から

どんどん人が離れていっているような気がするのです。

そんな時代の流れの中でも

マツダは、とがってます。

走ること・運転することの

喜びや興奮を

他のどのメーカーよりも

突き抜けて発信しているような気がするのです。

どの社も販売してる似たような無難なファミリーカー仰山、作って売るんじゃなくて。

マツダの車を売る。

カッコいいですね。

自分の生きざまは、そこまで「とがって」いないけど

こんな時代だからこそ

自分たちの「とがりかた」も模索しながら

工場をあとにしました。


マツダ自動車工場見学については、こちらを

---------------------

さあー!乗りもの特集だもの、

次は、船だ!

と思ったのですが、前半語りすぎました。

のでので、次回に。

ゆっくりペースですが、広島旅報告まだ続きまーす♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

majakkaの夏休み・広島編①

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

7月の終わりから早めの夏休みをいただいておりました。

4泊5日の広島旅。

想像以上のオモシロさでした、広島。

その模様をお届けいたします!

--------------------

家族旅行で、子どもが3才ということもあり

必然的に、子どもメインといいますか

大人が喜びそうな、雑貨屋めぐり~とか

カフェめぐり~とか

そういうのじゃないです。

こんな感じです。

Dsc07744

大好きな車と。

というか、タイヤとうっとり~。(タイヤが好き)

(広島市のマツダ自動車工場見学にて)

ではでは、いってみましょー!

--------------------

【1日目・生口島】

家具屋の親戚のかたが、この生口島で暮らしているということで遊びに行きました。

東から西に広島県へ向かうルートをとると

まず、福山市。

そして、尾道市。

ここから、ポコポコした島の景色が広がり、

島々が橋でつながり、南に位置する愛媛県へとつながります。

そのルートの途中にあるのが、生口島。

おだやかです。

広島は、造船の町なんですね。

この島も、そう。

ちょっと歩くと、すぐ海。

そして、船が。

Dsc07686

majakkaファミリーと

生口島ファミリーと

夕方の海辺を散歩。

のどかです。

Dsc07680

同じ歳の男の子がいて

初対面ながら意気投合。

そして、似てる。

Dsc07691

いつか、どこかで。

また会える日を楽しみに。

島を後にしました。

--------------------

いろいろな場に出かけ

いろいろな人と出会う。

いま、そのキッカケを、わたしたち親がつくっているけれど

いづれは、自分から。

それができるとステキだなあって思うんです。

旅しろ、息子よ。

広島旅は、まだ続きます♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »