« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017/06/29

額縁のブログができました♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、あたらしいブログできました!

の、おしらせです。

----------------------

もともと、majakkaのブログは、ひとつでした。

いま、みなさまにご覧いただいている「こちら」ですね。

しばらくして、

納品した家具を、いち早くお伝えしたい、ということで

【家具ブログ】
が、うまれました。

そして、いよいよ、

【額縁ブログ】 の、誕生です。

G05


----------------------

では、あたらしくうまれた【額縁ブログ】では、

何をお伝えしているのかというと・・・

いままで製作したオーダーメイドの額縁の

詳細を書いています。

----------------------

・ 何を飾ったのかな?

・ なぜ、飾りたいって気持ちになったんだろう?

・ どうやって、飾るのかな?(額縁の構造・デザイン)

・ どうして、そういう 「かたち」 になったのかな?

・ 完成して、手にしたお客さまの気持ちって?

----------------------

majakkaのオーダーメイドは

サンプルやカタログから選ぶ額縁屋ではないので

一見、むずかしそう…

って、なるかもしれません。

でも、オーダーメイドの壁って

むずかしさとか価格とか

そういうトコロではないと感じています。


手元にある 「モノ」 や 「瞬間」

それらは、所有する本人にとっては

とても愛おしくて大切なものなのに、

それを、きちんと 「納得したカタチ」 で

「見える化」 を、させることができていないのです。

だからといって、

なんとなく、オーダーメイドしちゃって

「これかなあ?こんなでいいのかなあ?」

という失敗も、コワイ。

と、感じている人が多いように感じます。

----------------------

ひらたく言うと

どこの誰に頼んだら、この「大切」が、きちんとしたカタチでおさまるのかな?

そんなトコに、モヤモヤしてると思うんです。

majakkaでは、

そんな、目に見えないわだかまりのようなものを

少しずつ、紐といていきます。

飾るものは、本当は「モノ」じゃなくて

目に見えないもの

消えかかる記憶の断片とか

あのとき感じた特別な気持ちとか

そんな、【 心 】 だと、

わたしは、信じています。

----------------------

だから、時間をかけて手間を重ねて試行錯誤・・・

同じものは、ひとつとない

ここ、majakkaだけで作られる

額縁という、特別な 「 箱 」 に、おさめていくことで

ひとりひとりの、大切が

「見える」んです。


「あ~、これは、やっぱり大切なものなんだなあ」

「かけがえのない瞬間が、いつでも目に見えるってステキだなあ」

って。

----------------------

額縁っていうと、木の枠でしょ?

そう思うかたは多いと思います。

でも、この仕事をしていて、

木の枠を作っているという感覚は弱いです。

むしろ、こんな感じ。

ご依頼主の心と記憶をおさめる

【標本箱】 を作っている感じです。

屋号変えようかな?って思うくらい。


majakkaの標本箱製作室。

そんな、ステキな標本箱の数々を新ブログにて。

ぜひぜひ、ご覧くださいませ♪

額縁ブログ・・・・→ こちら


----------------------
----------------------


オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

木の 「まな板」 削り、やってます♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

じつは、こんなこともやっているんですよ。

今回は、そんなお伝えブログです。

度々、問合せのお電話をいただくので

きっと、探している人いるんだろうな、そう思いまして。

----------------------

タイトルにもある通り、

ご家庭で普通に使っている木のまな板。

どんなに丁寧に扱っていても

黒ずんできてしまうことがあります。

よく洗って、よく乾かしても、

う~ん。。。

そんなときは、まな板の表面をカンナで削ることで

サラリと。

使い始めたころの、まな板に変身しますよ♪

----------------------

≪ まな板削りの流れ ≫

①現物をこちら(majakka)にお持ちいただきます

②現物を見て、どのくらい削るかのご相談

③お預かりして、削り・仕上げ

④お代金は、2200円~


----------------------

※ 注意事項・おねがい

・ 郵送等での受付はいたしておりません。
・ ご来店・引き取りが可能な方のみ。
・ しばらくのお時間お預かりすることになります。(数時間~1日)

(店内でお待ちいただき、すぐお渡しできるサービスではありません)


----------------------

・ ご来店前に、お電話あるいはメールでご連絡をお願いいたします。

電話 : 078-737-0172 
メール : こちらから


----------------------

普段は、お客さまからご依頼の家具・額縁を製作しています。

その製作の合間に、

自分たちの工房で出来ることと、

それを必要としてくださる人とが、

一致したら。

お互いに、うれしいし、ありがたいなあって思うんです。

ぜひ、お気軽に、お声がけください♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/02

子どもの【つくる・遊び】が面白い

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、子ども向けのイベントからみえる

子どもの【つくること】の、面白さについて。

ものをつくる人間の視点から、

そして、親の視点から。

書いてみようと思います。

----------------------

たぶん、親ならば、誰もが思うのでしょうか?

子どもに、いろいろ体験させてあげたいな。

できることなら、

その子にとっての「好き」や「夢中になるもの」を

見つけてあげられたらステキだな、と。

さて、我が息子。

親の仕事は、こんな仕事なのに

あれ!?

と不思議に思うくらい、反映されない。

前回の記事、「木っぱでつくる額縁ワークショップ」

このイベントのための、サンプルを作成しよう!

と、なったのだけど・・・

なかなか上手くいかない。

----------------------

母の日イベント

お母さんの似顔絵、ぬり絵を飾るための額縁を作ります。

絵(作品)を貼ったベース板の周りに

形いろいろの木っぱを貼り、色を塗ります。

というもの。

majakka・木っぱでつくる額縁ワークショップ

----------------------

さて、息子。

木っぱに色を塗ることは、愉しい。

majakka・子どもとつくる遊び

でも、どーん!と大きなベース板を出すと

なにこれ?なにするの?状態。

ここに絵を描いて貼るんだよ、と説明。

ハイ、この紙です。

どーぞ!

majakka・子どもとつくる遊び

息子、かたまる。

じゃ、ぬり絵バージョンだ!

majakka・子どもとつくる遊び

はははははは。

笑って、

あんまり興味わかないや。

とのこと。

でも、相変わらず、塗っている。愉しそう。

majakka・子どもとつくる遊び

母、気づく。

ベース板が大きすぎるのが、あかんのかも。

ちいさな板を渡す。

すると、ポチっと、

なにか、スイッチが入ったのか

父との共同作業が、はじまる。

色を塗った木っぱに、

父がボンドを塗る。

息子に渡す。

息子、なにかを考えながら

板に貼っていく。

「これは こーでしょー」

「このむきでしょー」

とかなんとか言いながら

で、完成。

majakka・子どもとつくる遊び

息子いわく、「額縁」とのこと。

見る向きも決まっていて、こう縦に見るそうで。

額縁屋の母が言うのもなんだけど

なかなか面白い額縁ができたなあと思う。

----------------------

決まったテーマや、画材や道具があって

子どもはそれに従って

大人が思うようにつくるのかな?

と思いきや、つくらないもんだな。

というのが、今回、観察してて感じたこと。

あと、大人の思い込みっていうのも重いなあって。

子ども=鮮やかな原色が好き

??????

本当にそうかな?

息子は、とにかく色を混ぜることが好き。

とにかく、練る。

ぐるぐる練りまくる。

この「行為」も愉しい様子。

で、塗ると

原色ではない。

でも、その混色のグラデーションが美しかったりする。

それは、思い込みから脱却した

大人の新鮮な気づきでもある。

----------------------

子どもの、つくることや、つくる遊びは

とかく

大人の目指すゴールに向かわせていくことが、

あるようにも感じたりします。

上手につくらせてあげたい・・・とか。

でも、子どもの「つくる」ことに、

ゴールだけでなく、その行為そのものに

愉しさや面白さが見つけられると

大人も子どもも、ともに

充実した時間が愉しめるのではないかな?

と、感じました。

これからも、つくる場・つくる仕事を通して

子どもの【つくる・遊び】を見守りつつ

面白いワークショップが発信できたら

イイなあって思っています。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »