« 暮らしの道具・My箸つくりワークショップ | トップページ | お客さまの、おうちで一緒に考える »

2017/04/08

子どもに伝える 『ガクブチの役目』 とは?

こんにちは、majakka(マヤッカ)です。

本日は、額縁のお話し。

日ごろ、製作している額縁。
それを子どもに説明するとき・・・

3才になる息子は、わたしが額縁を作っていることは知っています。

でも、額縁って、なんだろう??
額縁って、なんのためにあるの??

それは、わからない。

ならば、紐といていこう♪

スタートです!

--------------------

額縁って、不思議な道具です。

これが無いと生活ができない・困る・不便!

というワケではないんです。

では、なぜ、あるのでしょう??

--------------------

誰のためにもある、誰にも訪れる

【 とくべつ 】のために、あると。

わたしは考えています。

木のまま額縁
(出産を前に、子どもに贈りたい。そんな気持ちをこめてつくった額縁)

--------------------

大人だけでなく、子どもも

日々、たくさんの物や情報にあふれ

それに流されるがごとく

あわただしく生きているような気がします。

自分が子どもだったころ・・・

昔とくらべると、そのスピードは加速してるように感じます。

だからこそ

起きている物事も

あたりまえ、あたりまえのこと、と。

流していかざるを得ないような状況にも思えるのです。

--------------------

でも、ちょっと立ち止まると

日々のなかに

【 とくべつ 】 は、ちゃんとひそんでいます。

その、とくべつを

ヒョイと、すくいあげてもらいたい。

そう思うんです。

たとえば、

がんばって、描いた、作った、絵や作品。

母の日、父の日で、描いてくれた絵。

☆☆ ありがとう! ☆☆

という気持ちを

見える 「かたち」 で、あらわしてあげたい。

そう。

気持ちって見えないんです。

でも、その見えないものを

見えるかたちにして、代弁してくれるものが

【 額縁 】 の役目でもあるんです。

--------------------

日々のなかの、節目もそう。

大切なタイミングには

写真やかたちとなるものを残しているハズ。

そこに、【 大切 】 という衣を着せてあげたい。

出産・足形を飾る額縁
(誕生の記念に。色紙にとった足形を飾る額縁です)

--------------------

なんでもかんでも 「あたりまえ」 に、しすぎないで

【 とくべつ 】 であることを

【 とくべつ 】 と感じることを

大切にしてもらいたいなあ。

そう思うし、

そう願うんです。

気持ちという、見えないものを

見えるかたちにすることで

きっと、気持ちは伝わります。

--------------------

「がくぶちって、なあに?」

うれしい気持ちに

ステキな洋服を着せてあげて

いつでも見れるよう( 飾れるよう )に

してあげるもの。

いまの3才の息子には、こう答えようって

そう思っています。

集めた木の実も飾る木のまま額縁
(引越し、あたらしい暮らしのスタートに。子どもと一緒に集めた木の実も飾る額縁です)

--------------------

眠ってる・しまいこんである

うれしい気持ち

だしてみましょう♪

きっと、みんなが、喜ぶハズですよ。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------


|

« 暮らしの道具・My箸つくりワークショップ | トップページ | お客さまの、おうちで一緒に考える »

額縁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/65067871

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに伝える 『ガクブチの役目』 とは?:

« 暮らしの道具・My箸つくりワークショップ | トップページ | お客さまの、おうちで一緒に考える »