« 5周年イベントありがとうございましたー! | トップページ | 子どもに伝える 『ガクブチの役目』 とは? »

2017/03/31

暮らしの道具・My箸つくりワークショップ

こんにちは、majakka(マヤッカ)です。

本日は、先日開催いたしました5周年イベント

そのなかの

【 My箸つくりワークショップ 】 の模様を報告いたします!

--------------------

参加者さんの、「参加の動機は?」

・・・自分で使うお箸、よいものを探していた。

というかたが多く、

木工体験を愉しむ、というよりも

「使うもの」を、しっかり作りたい!

そんな目的意識の高い

熱意のこもったワークショップとなりました。

--------------------

使う道具は、鉋(かんな)。

聞いたこと・見たことはあるけれど、

実際に手にして使ったことのあるかたは少ない道具だと思うんです。

だからこそ、

思う存分、使っていただきたい!

majakkaで行うワークショップは

少数先鋭です。

たくさんの人を集めて

一気に同じ行為で、同じスキルを求めて

同じ完成形にするものではありません。

それぞれの得手不得手を見守りながら

じっくり、すすめていきます。

そう。

ふだん使い慣れない「鉋」という道具にも

じっくり向かい合っていただきました。

--------------------

細長い角柱の広葉樹から、好みの材を選び

手の大きさに合せたサイズにカットしてから

鉋がけスタート!

箸つくりワークショップ

途中で定規をあてて、まっすぐに削れているか確認をします。

箸つくりワークショップ

簡易的に均一に作る場合は

板に彫り込んだ溝のなかに角柱をおさめて鉋をあてていく方法もあります。

でも、majakkaは、ちがいます。

正直、むずかしい。

なぜなら 「勘」 が、頼りだからです。

箸つくりワークショップ

しかし、ある程度の時間をかけて作業を続けていると・・・

それぞれに、それぞれのかたが

ご自身の勘で、形を整えていく姿がありました。

箸つくりワークショップ

で、最終日は、子どもたちも乱入しての

箸つくりワークショップ3日間。

愉しく幕を下ろしました。

箸つくりワークショップ

完成したものは、えごま油を塗って仕上げます。

箸つくりワークショップ

ご参加くださいましたみなさま、本当にありがとうございました!

--------------------

今回のワークショップ、

簡単には、作りあがらない。

ということが、大切だったと思うんです。

どのかたも、じっくり時間をかけて

道具と木材に向かい合ってくださいました。

ちゃーっと簡単に出来あがらないからこそ

その、かけた時間と労力が

「もの」 に対する愛着へと、つながっているような気がするのです。

どのかたも、おっしゃいました。

「これ、帰ったら使うんです!」

その表情は、とても愉しみなワクワクした表情にみえました。

--------------------

わたしたちmajakkaの日々の

ものつくりの姿勢も同じです。

どれも、時間をかけて、ひとつひとつ。

その姿勢が、できあがったものに反映され

使う人たちの愛着へとつながったら

ステキだな。

そう想い、そう心をこめてつくっています。


5周年イベント無事、おしまい。

ここからが、またスタートです!

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/


----------------------
----------------------

|

« 5周年イベントありがとうございましたー! | トップページ | 子どもに伝える 『ガクブチの役目』 とは? »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/65067503

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしの道具・My箸つくりワークショップ:

« 5周年イベントありがとうございましたー! | トップページ | 子どもに伝える 『ガクブチの役目』 とは? »