« 「オーダーメイドの額縁」ってなんだろう? | トップページ | 一緒に作る、家具+飾る ② »

2017/01/20

一緒に作る、家具+飾る ①

こんにちは。
majakkaの額縁屋です。

いつもは、家具と額縁、それぞれが

それぞれにご注文をいただいたものを作るのですが、

こんな、ご注文をいただきました。

【 本棚 + majakka壁 + 飾り棚 】

まず、なに?と思ったものは「壁」だと思うのですが、

これです。

majakkaの壁

majakkaの店内の壁は、自分たちで作りました。

杉の野地板の表面を整えすぎず、

マットな質感のペンキを刷毛目を残して塗ってあります。

その雰囲気と、木の風合いが好き。

ということで、「壁」のご注文をいただきました。

でも、お客さまは、迷われたそうです。

壁・・・・

いま、いろいろ、面白い壁紙もあるしなあ…

お客さまの望む雰囲気と近い

板壁に荒々しくペンキを塗った風の、壁紙も

たしかに、あります。

でも、お客さまは、おっしゃいました。
 

「だけど、壁紙は、やっぱり【 壁紙 】なんです。

ツルッとした感じとか、見れば、わかります。

それだったら、張りたくないし、いまの壁紙のままでイイかなって」
 

そうなんです。

見れば、わかるんです。

ツルッとして

凹凸がなくて

なんか、本物ふうだけど、やっぱり、違う。

壁紙だもの。 

でも、わからないかたも、います。

でも、わかるかたにとっては、

その「ふう」が、ちょっと違和感でもあります。

 

今回のご注文は、

【 暮らしの中心となる場に置かれるもの 】

というのが、テーマでした。

まず、部屋に入って来て

ふわっと視線をとらえる場であり、

暮らしのなかで常に眼にふれ、

ひとが自然と集まる場であり、

用途として在る、だけではなく、

そこを【 飾る+愉しむ空間 】としても活かしたい。

そんなご要望でした。

majakkaの飾り棚
―お客さまの撮ってくださったお写真です―

この隙間に本棚を作って、上手に空間を使いたいんです。

というご注文は、家具屋の仕事です。

そこにプラスされた、飾ること。

これは、額縁屋の仕事です。

そんなワケで、今回のお仕事は

家具屋+額縁屋

ふたつあるからこそ

ふたつを、フルに活かした

とてもステキで

とても面白いお仕事でした。

次回は、その詳細を、ご紹介しますね!

おたのしみに~♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/

----------------------
----------------------

|

« 「オーダーメイドの額縁」ってなんだろう? | トップページ | 一緒に作る、家具+飾る ② »

家具」カテゴリの記事

額縁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に作る、家具+飾る ①:

« 「オーダーメイドの額縁」ってなんだろう? | トップページ | 一緒に作る、家具+飾る ② »