« ② オーダーメイド額縁、どう注文するの? | トップページ | ワークショップの意味って、なあに? »

2015/06/01

ワークショップを終えて

こんにちは。

先日、無事、ワークショップ終了いたしました。

土曜は、おふたり。

水曜は、さんにん。

と、計5人のかたに

majakka風味の飾りだな作りに参加していただきました。

ではでは、どんなふうに制作されていたんでしょう。

そんな現場風景を、お伝えします。

--------------------

まず、今回のワークショップの趣旨の説明。

ホームセンターなどの身近な場所で入手できるもので、作る!

が、テーマです。

使った木材は、杉の野地板。

家屋の下地材として使うものなので

表面は、かなり荒々しいです。

この表情を活かしながら、金属ブラシでこすり

バリと、木くずを払います。

Dsc02361_800x533

面の角は、とがったままでは危険なので

金属やすりで、落とします。

Dsc02391_800x533

生徒さんの声

「自分で何か作るとき、いつも紙やすりを使っていました。

すぐ、へたれちゃうし、指も痛くなるし…

金属やすりって、便利ですね」

と。

そうか、こういう道具を使えば、ラクなんだ!

こういう小さなことを、わたしたちは、

教えてあげたいなあって思っているんです。

特別の特上な道具ではなく、

でも、いつもとは、ちょっと違う道具を使うことを。

--------------------

今回のワークショップでは、

材は、サイズに合わせてカットしたものを使ってもらっています。

「切るのは、苦手…」

というかたもいます。

ワークショップの趣旨や、何を作るのかによって、

「どんな作業をするのか」

わたしたちは、考えます。

「やってみたいけど、難しそう…」

って、あきらめちゃう前に

ぜひ、「当日は、どんな作業をするんだ?」

と、気軽に訊いていただけたら、うれしいです。

たぶん、きっと、大丈夫。

思っているより、難しくないと思うんです。

--------------------

いよいよ、組み立てです。

電動工具を使います。

Dsc02397_533x800

使ったことのないかたが、ほとんどでしたが

みなさま、興味しんしん。

「女の子が使ってるのを、テレビとかで見るんだけどね。

どうやるんだろう。やってみたいなあって」

Dsc02373_800x533

今回は2種類の工具を。

馬力の弱いもので、下穴をあけ

馬力の強いもので、木ビスを打ちます。

わたし自身もそうなんですが、

背が高くないので、

高いテーブルに材がのった状態では

肘が無駄にあがりすぎて

バランスはとれないし、

手首がガクガクしてしまいます。

体勢を変えるだけで、安定し

安定することで、ビスがまっすぐ打てるようになります。

--------------------

お昼休憩をはさんで、塗装です。

穂先がバサバサ、ガチガチに固まってしまった

いわゆる、「よくない」刷毛を使うと

塗料が材にべったり付かず、

かさついた表情が出しやすくなります。

Dsc02369_800x533

コツは、手早く塗ること。

塗り残しが「ある」ことが、

出来上りの表情に味がでます。

--------------------

構造上の見栄えのよくない部分を

チロリアンテープを貼って隠して、

吊り金具をつけて、完成です。

「簡単にざっと作る棚は、吊り金具が見えてしまうし

壁にぺたっとつかず、前のめりになってしまうのが、イヤで…」

そう!

そうならないように、考えたんです。

ワークショップという限られた時間、

限られた道具で完成させるために、

小さな手間と

「額縁屋」だからこその、金具を使って、

いかにもDIY!

ではない、完成度を求めました。

Dsc02376_800x533

塗りかたも自然で、とても素敵に仕上がりました。

Dsc02401_533x800

水曜の回では

チロリアンテープではなく、木を使いたいです。

というご要望で、こちらで用意しておいた木を貼っていただきました。

作るものの仕様・デザインは大きく変えられなくても

ちょっとしたサイズ変更や、

「ここって、こうしてくれる?」

そんな要望がありましたら、あらかじめお伝えいただければ。

部位によっては、変えられるところもあります。

ガッチガチに決まりきった「教材」を使ってやるわけではないので。

そのあたりの自由度は、ゆるいですよ。

--------------------

さてさて。

完成した飾りだなを前に、

飾る場所は、検討中のかたもいれば

すぐ、使いますー。

というかたもいて、それぞれ。

そして、みなさま、本当に愉しそうで。

決して大きくない工房なので

たくさんの人数は入れません。

だからこそ生まれる、アットホームな和やかな雰囲気。

慌てて作ることなく

みんなで見守りながら

「暑いねー」

っていいながら、お茶飲んだり

「木」のはなし、「家具製作」のはなしをしたり。

あっという間の1日でした。

参加して下さったみなさま、

本当にありがとうございました!

そして、お疲れさまでした!

さあ、次回。

なに、作るんだろ。

また、考えますねー。

次回は、秋ごろかな?

--------------------

ワークショップやります!予定中…など

つねにブログを確認するのは、ちょっと面倒かな。

というかたには、

majakkaのFacebookページで

ご確認いただくのが、ラクだと思います。

Facebookに登録していないかたでも、

誰でもご覧いただけます。

majakkaのFacebookページ です。

--------------------

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/

--------------------

|

« ② オーダーメイド額縁、どう注文するの? | トップページ | ワークショップの意味って、なあに? »

家具」カテゴリの記事

額縁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/61667148

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップを終えて:

« ② オーダーメイド額縁、どう注文するの? | トップページ | ワークショップの意味って、なあに? »