« 家事と子育ては、仕事? | トップページ | もうすぐ【ひとマルシェ】 »

2015/02/23

薄い無垢板の実験

板を、なるべく薄くしてください。

薄くできますか?

と、訊かれることがあります。

ちょっとだけ、想像してみてください。

ホームセンターの「資材売り場」に行くと

たくさんの合板(ベニヤ板)が並んでいますね。

それらは薄く切った木材を、何層も接着剤で貼り合わせて作っています。

そんな工程だからこそ、厚さにバリエーションがあります。

2㎜ちょっとの薄い板も、もちろんあります。

ではでは、

わたしたち、手作り家具で使っている「木」のお話しをいたしましょう。

わたしたちは、おもに無垢板を使っています。

(家具の部位によって合板も使います)

はて。

無垢板ってなんでしょう。

先に出ました合板とは違い、

丸太から切り出した木材なんです。

用途・木の形状をみて、長さ・厚みが切り出され、

乾燥された状態の板が工房に運ばれてきます。

ホームセンターで販売されている合板とは違い

じつに、荒々しい風体です。

その板から、必要な厚さを、作るものに合わせて、作り手が切り出します。

え?そこからは、自分で切るの?

じゃあ、どれだけ薄くてもできるじゃないか。

って、思っちゃいますねえ。

最初の質問ですね。

それが、できないんです。

合板は接着剤によって、カチカチに固定されて

いわば、木は呼吸できない状態にあります。

わたしたちの用語で言うと

「合板は、動かない」

逆に、無垢は、木が生きています。

湿気や乾燥で、伸び縮みしているんです。

そう、動いているんです。

だからこそ、やみくもに、板を薄くしてしまうと

板状にした木は、パンパンに反ってしまいます。

じゃあ、理屈は、わかった。

それでも、日用使いで薄い板って、

どうなんだろう?

どんなもんなんだろう?

ということで、実際にいま、実験中です。

まず、厚さを見比べてください。

下にある板が、お店に置いてある展示のダイニングテーブルです。

約40㎜です。

上にのせた板が、実験中の板です。

約10㎜です。

Dsc01862_1024x683

日光のあたる南向きの窓のそばに置き

この板の上でコーヒーを淹れたり

使い終わったら、濡れた布巾で拭いたり。

ごくごく日常と変わらない使い方をして様子を見ています。

Dsc01835_1024x683

板を削り出して、使いたての頃は

「あ、反った」

やはり、板は湾曲しました。 

そこで、ひっくり返してみました。

板を作って、現在、1ヶ月以上経過しました。

最初の反った!

よりは、落ち着いた印象ですが

まだ若干、反ってはいます。

--------------------

たくさんの時間をかけて、少し厚さを落としては、また切る。

ゆっくりゆっくり、時間と手間をかければ

実は、できないことは、ないのかもしれません。

薄い板を作るだけでなく、何事も。

でも、バランスだと思っています。

お客さまの求める納期、希望するコスト。

それに見合うものを作ることが仕事です。

薄い板に限らず、なんでも

「できないです」

と、言ってしまうことは、簡単です。

でも、最善はなんだろう。

制限のあるバランスのなかで、見いだす最善とは。

それを考えています。

それは、実際に作って、自分たちで、試してみること。

見た目だけ・デザイン重視に走るのではなく、

普通に使って、安心して使えるもの。

それを作るために、実験しています。

実験は、まだ続いています。

--------------------

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/

--------------------

|

« 家事と子育ては、仕事? | トップページ | もうすぐ【ひとマルシェ】 »

家具」カテゴリの記事

コメント

現在、それの実験中ですー。
10㎜以下、頑張って8㎜かなあ。
理想の大きさ、お知らせくださいな。

現在、タモの無垢板、10㎜。
大きさ70×29㎝、
極端に反ることなく
普通にコップだ、お皿だ、載せて、ひっくり返ってしまうような反りはないですよ。

投稿: majakka | 2015/03/05 10:34

無垢材でランチョンマットとか出来んの?
ちょっと大判な感じ。
10ミリ以下だとやっぱ厳しいかね?
できるなら作れ。
欲しいぞ。

突板とか合板とか好きじゃないんで。

投稿: 群馬の廃人 | 2015/03/05 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄い無垢板の実験:

« 家事と子育ては、仕事? | トップページ | もうすぐ【ひとマルシェ】 »