« 生葉で、クリスマス | トップページ | 座って話す、メリットとは? »

2014/12/15

木の家具の、お手入れ

夏に納品した家具のお客さまから

「家具のお手入れって、どうやればいいんですか?」

と、ご質問をいただきました。

お店をはじめて、ぼちぼち3年。

今頃ではありますが、遅まきながら

無垢家具のお手入れ方法を記しておきます。

無垢家具-木の家具-高級

そんなイメージがあるのでしょうか。

お手入れも、とっても大変で難しいのでは?

と思われるかたも、たまにいらっしゃいます。

いやいや、そんなことはないんです。

人間、人の肌と一緒ですね。

乾燥した季節になると、肌がパサっとするでしょう。

「保湿したいなあ」

って、なるでしょう。

それは、自然の木から作られた無垢家具も一緒です。

----------------------

では、順を追って。

まず、お手入れ用のワックスを布切れに出します。

いきなり、たっぷり出す必要はないです。

様子をみながら、足し足しで。

Dsc01609_1024x683

家具に、ワックスをのせ

Dsc01611_1024x683

塗る。というより擦り込んでいく感じです。

Dsc01615_1024x683

手前が、ワックスを塗った面。

奥が、塗る前の面。

Dsc01619_1024x683

塗ってから30分ぐらい、そのままにしておきます。

ワックスを浸透させる待ち時間です。

最後に、乾いた布で拭き取ります。

ワックスを塗ることで、艶としっとり感が生まれます。

このワックスを塗るお手入れの頻度は、

手元に家具が届いた使い始めの頃は、半年に1度くらい。

とは言いますが、置き場所、用途によって乾燥度合いは変わってきます。

また、使用年度が増せば増すほど、

頻繁にワックスを塗ってお手入れをしなくても

木は、使われることで、強くなっていきます。

----------------------

使い始めの頃のお手入れのタイミングは

「触ってみて」だと思います。

人の触覚って、すごいなあって常々感じています。

言葉で表す「ツルツル」は、字面も音も一緒ですが、

プラスチックのような塗膜の家具と

無垢家具のオイル塗装の家具と

どちらも、ツルツルなのですが、

違うのです。

それが、人の肌が実感する触覚の鋭さだと思うんです。

----------------------

majakkaでは、Feed-N-Wax(フィーデン・ワックス)を使っていますが、

お手入れワックスは、これに限らず、いろいろあります。

お店では、お手入れワックスの販売もしておりますが、

実際に、お店に置いてある家具に塗って、

どんなものなの?

と、試してみることもできますので、

お気軽にお声掛けください。

--------------------

majakka 「家具+額縁」

http://kagu-majakka.com/

--------------------

|

« 生葉で、クリスマス | トップページ | 座って話す、メリットとは? »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/60808982

この記事へのトラックバック一覧です: 木の家具の、お手入れ:

« 生葉で、クリスマス | トップページ | 座って話す、メリットとは? »