« 木っぱ市・第2弾 | トップページ | ダース・ヴェイダーという父親 »

2013/08/04

音楽・産休編

はい。こんにちは。

タイトルを「胎教」にしようかと考えましたが、

やめました。

なんだか、うさんくさいんで。

以前、安定期に入ったとたん武道館へ行きましたね。

シガー・ロスのライブに行ったんです。

そこに到る経緯を書いた

「大切なお話」というタイトルのブログ。

また、しばらくたって、

今度は、コールドプレイで、語りましたね。

「ふえるもの」っていうタイトルで。

どんだけ、音楽の話しをしてるんだ。

と思うけれど、それだけ、好きなんです。

「胎教」と銘打って、押し付けるつもりも気もないけれど、

はい。これ。

といって、迷わず手渡しのできるものは

これ、「音楽」なんだろうなあって思うんです。

------------------------

長野に来てから、ようやく

上記のシガー・ロスですね。

彼らの新しいアルバムを聴きました。

002

どう見たって、ジャケットのお写真が、怖いでしょう。

そんなで、実は、ちょっと敬遠してたのもあったんです。

でも、新しいものが出るたびに、聴くたびに、

「これが最高傑作だ!」

って思うんだけど、

今回もやられましたねえ。

見かけに惑わされちゃ、ダメです。

最高傑作です。

逆に、あのジャケは、なんなんだ?

と思うくらい、ビックリ、素晴らしい。

------------------------

そして、こちらに来るまで車運転中、毎日聴いていた

コールドプレイだ、

先日の、アーケイド・ファイアだ、

まったく、興味を示さない

ビタリとも動かないチビ助(←現在の呼び名)ですが、

なんでしょう。

これが、かかると、猛烈に動き出します。

キックキック。 c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ

1曲目は、武道館でも演奏してくれたもの。

一緒に行った友人とは、

「ラウドだねえ、へヴィだねえ、メタルだねえ」

と、まあ、言いたい放題。

その曲に、チビ助は反応しまくりです。

ライブで、ラストに演奏されたものは、

シガー・ロスの十八番で、これで〆る。

っていう曲なんですが、これまた、

ワケのわからんくらいの、激しさで、

これにも、チビ助は猛烈にキックしてました。

果たして、

気に入っているんでしょうか。

それとも、その轟音に反応してるんでしょうか。

まあ、よくわかりませんが、

ワタクシ的には、

「共有」してると思い込み、

日々、シガー・ロスを聴いております。

胎教は、たぶん、いろいろあって、

教育系(?なんじゃそりゃ)の本には、

おなかの中にいるときから、

「子供は学んでいます。学ばせましょう」

なんてあるけど、

自分はどうも、こういうのに違和感があって仕方がない。

それを素直に実践されている方もいるんだろうけど。

だから、良い・悪いは、いえないけれど、

自分の自信の持てるものを、

渡せたら、いいなと思う。

迷いなく、

シガー・ロスだ。

ジャケも怖ければ、ビデオも意味不明に怖い。

でも、ヨンシーの天使ボイスは、

森の奥底から、こだましてくるようで、

チビ助も、これは大絶賛。

キック・ミュージックです。

ご鑑賞あれ。

アイス・ランドからの贈りものです。

|

« 木っぱ市・第2弾 | トップページ | ダース・ヴェイダーという父親 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

自家焙煎の珈琲豆を販売しているところなんだけど、珈琲もいただけます。
「いろんな」…どんだけの種類が飲みたいんでしょう。須磨くんは。

よし、秀章に訊いてみよう。
わからないことは、とりあえず、秀章に訊いてみよう。

投稿: majakka | 2013/08/11 12:01

ソラマメさんにまた行ってみるわ。

いろんなコーヒーが飲めるんか?

投稿: 岸田 | 2013/08/10 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/57900090

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽・産休編:

« 木っぱ市・第2弾 | トップページ | ダース・ヴェイダーという父親 »