« ブラックチェリーの額縁 | トップページ | 手置き台 »

2012/09/11

照明を考える

何も無い、がらんどうの空間から、

自分たちで、店を作っていった。

はじめは、こんなだった。

007

正直、建築やインテリアの専門的な技術や知識があるでなし、

あるのは、やる気。

あと、家具を作る力と額縁を作る力。

で、やれば、なんとか、かたちになるもので、

Dscn1668

開店から6ヶ月で、一通りのかたちは見えるように。

そして、現在、秋に向けて、お店の照明を構築中。

ここで、先程も出た、建築やインテリアの知識があれば、

おそらく、最初にやっていたと思うのだ。

照明も。

そんな照明の位置が決まっていれば、配線を壁にもぐらせて、

スッキリ見せることも可能だったはずなのだ。

しかし、やれるところは、自分たちでやる。

のスタイルだったわけで、

たとえば、床をはったり、

壁を立ち上げている段階で、

ここに、照明を付けよう。

なんて、考えられないのだ。

-------------------

そして、いま、足りない照明を、

どこにどう付けるか考え中。

Dscn1709

額縁の中身を照らすというより、額縁と壁を照らすため、

どうも、照明の位置が微妙ではあるが、

まあ、明るくなった。

照明自体は黒色をしていて、まあ、いいかと思って購入したのだが、

設置したら、まあ、よくないわけで。

壁を塗った同じ塗料で、白色に塗って、

落ち着いた。

市販の物をそのまま使おうと思うと、

色だ、趣味だ、雰囲気だ、合わないわけで。

で、合う物を探すとなったら相当な時間なり労力が必要であったりする。

ならば、作り直すとまではいかなくても、

合うように、自分で出来ることで改造する。

を前提にもの選びをすれば、案外、無駄な労力は省けるような気がするので、

これ、オススメ。

-------------------

お店のいちばん奥のコーナー。

ここに、縦長に照らせるものがあったらいいねえ。

と、以前から考えていた。

縦長…

コーナー…

となると、背の高さのあるフロアランプが無難かなと思うところなのだが、

お値段の安い物は、脚部分が、よろしくない。

また、傘部分が仰々しかったりする。

和紙のシェードの縦長の物も、商品としてはあるが、

かなり大きいので、限られた店内空間に置くには合わない商品。

そして、何より一番に考えたのは、

大きな物を買ってしまうと、

飽きたときに、勝手が悪い。と。

フロアランプ、正直、大きい。

他での使い道、

結構難しいと思うのだ。

洋服掛け?

オブジェ?

ただ、それってジャマだし。

で、さらに考え、

単品でも、

向きを変えても使える。

そういう勝手のいい物を選ぼう。

で、選んだのが、これ。

Dscn1708

もともとは、テーブルや、何かの上に置いて使う照明。

それを、壁に打ち付けた板の上に載せてみる。

高さを変えて2つ。

これで、縦長の照明に。

素材は、すりガラスなので重いけど、

プラスチックのようなチープさはないので、

よろし。

立てて使う形状をしているけど、

横に倒しても使える。

これまた、よろし。

-------------------

お金をボンボン出せば、

時間も限りなく使えば、

たぶん、使い方を猛烈に考えなくても

スッと馴染む物は、あるのかもしれない。

しかし、「限り」や「限度」があったとき、

でも、こだわりたいとき、

どうしたらいいのか。

「工夫」すればいいと思うのだ。

ちなみに、この照明は700円以下。

電球をプラスすると1000円は越えてしまうけど。

-------------------

ちょっと、手を加えれば、自分でも出来そうなこと。

そういうことは、身の回りにたくさんあると思うのだ。

そんな「ちょっと」のアイデアや、やり方の

ご提案やお手伝いができたらいいなあって

思いまして、今回は、照明の提案でしたー。

|

« ブラックチェリーの額縁 | トップページ | 手置き台 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580207/55607535

この記事へのトラックバック一覧です: 照明を考える:

« ブラックチェリーの額縁 | トップページ | 手置き台 »