2017/10/18

子どもお箸つくりワークショップ無事終了♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

10月15日、神戸マリンピアのイベントで参加させていただきました

【子どもお箸つくり】、楽しく無事終了いたしましたー。

当日の様子をレポートします♪

----------------------

今回のワークショップのテーマは・・・

〇 子どもの手の大きさに合わせた箸を作る

〇 親子で一緒に作る

というもの。

そして、毎回、majakkaのワークショップといえば…

「簡単には出来上らない」

ということ。

時間つぶしで参加できる、とか

イベントの賑やかしで・・・とか

そんな目的で、私たちはワークショップを開いてはいないんです。

子ども向けのイベントであっても

しっかり、意味 (目的) をもったメニューを考えています。

これは、大切なことだと思っています。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

猛烈にやすりをかけるの図。

----------------------

さて、参加者さん。

小さなお子さまは3、4才ぐらいから

大きなお子さまは、小学生高学年くらいまで。

年齢は幅広く、

むずかしい作業(小刀を使う)も

お父さん・お母さんと相談して

挑戦してくれる姿が見られました。

正直、箸先を小刀で削って、かたちを作る作業は簡単ではないと思うんです。

でも、あきらめずに「やる」姿は

本当にうれしかったです。

私たちは、見守りながら

がんばれー、がんばれー♪って。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

----------------------

参加の動機を伺うと

「子どもに合わせたお箸が欲しかった」

「子どもに体験させたいメニューだった」

などなど、

お子さまを主役として参加を考えてくださった方が多く、

親ばかりが作業に熱中するのではなく

「あなたもやるんだよ」

と、子どもが出来る部分は

ちゃんと、やってもらう。

そんな姿にも

うれしくなりました。

----------------------

私たちmajakkaの提案するワークショップには

手本といいますか、

「こう作りましょう」 「こう作ってください」 というような

見本は無いに等しいです。

作るひと、それぞれが、

それぞれの完成に向かっていければいいな。

私たちは、あくまでも、それをサポートする立場でありたいと、思うのです。

自分自身で、考えて作るからこその

満足感や納得。

むずかしい、苦労した、大変だったを

キチンと体感するからこその

達成感。

それらを、ワークショップという場で

体験してもらいたいのです。

だから、上手です、下手です。

完成して、おしまい。

では、ないのです。

----------------------

作ったものを、手に持ち、

「これ、つかうんだ~♪」 と。

参加してくださった、お子さまたちの感想は素直です。

子どもお箸つくりワークショップ・majakka

買ったものとは違う満足感や、

自分の手の大きさに合わせて作られた特別感が、

感想から伝わってきました。

合計、20膳のそれぞれのお箸が、完成。

長さもかたちも、それぞれ。

本当にステキなワークショップとなりました。

参加してくださったみなさま、

主催してくださった方々、

本当にありがとうございました!

また、機会がありますことを願いながら、

日々の製作を重ねてまいります!


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

お客さまの声・家具6

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

ご注文いただいたお客さまから

実際に使ってみて、

「こうだったよ」と、素直なご感想をいただけること。

作り手として、とてもありがたく、とても勉強になるのです。

今回は、ひさしぶりです。

そんな、【お客さまの声】です。

----------------------

【お客さまの声・家具6】

― アームチェアー ―

(吹田市・A様 / 2015年4月)

アームチェアー・majakkaオーダーメイド家具

Q. 幅、奥行き、高さ、などの大きさは、どうですか?

A. ちょうどよい

腰掛けると背筋が伸びて正しい姿勢は楽だと気付きました。


Q. 使い勝手はどうですか?

A. とてもよい

背当ての位置・角度も丁度よくて、アームを持つ時、さりげない丸みが手に沿ってくれます。


Q. 見た目・デザイン・雰囲気は、どうですか?

A. 和洋どこにでも馴染んで色もデザインもお洒落で快適で嬉しいです。


Q. 無垢家具の使い心地はどうですか? 

A. 自然がいいですね。生きている感じがしてワタクシの相棒って感じ(^-^) 無駄のない美しさ使い心地の良さを感じながら日々過ごしています。


その他、なんでも

ワタクシの寛ぎの場をありがとうございます。

ご家族のお人柄・雰囲気・・・そのままでこれからも・・・


----------------------
----------------------


大切に、愛着をもって、使っていただいている風景が感じられます。

本当に、うれしいです。

オーダーメイドって、「もの」でありながら

届けているものは気持ちなのかな、

そう思うんです。

これからも、日々の暮らしに寄りそうものを、

「あ、やっぱりあって良かったな!」

そう感じていただけるものを

作り、お届けいたしますね。


----------------------


こちらの家具の詳細 ・・・→ こちらです


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/29

majakkaの夏休み・広島編④

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

もう、だいぶ涼しくなっちゃって、秋ですけど

まだ、夏休みの話しが続いてます。

今回は、majakkaのビジョンとかぶってくるお話し。

自分たちの目指す「暮らし」と、まちと。

----------------------

広島旅の、最終目的地は、「尾道」。

映画やドラマの舞台になることも多く、それを愉しんだり、

お寺が多く、坂道くねくねと

その情緒あふれる町並みを散策して愉しんだり、と。

魅力ある町なのですが、

わたしたちは、古い建物を上手に活用して

町と共存する姿を見たくて、訪れました。

----------------------

山のてっぺんにあるホテルから、町へおりる坂道。

じつはこの景色、

わたしたちの暮らす「神戸」とも、とてもよく似ているんです。

Dsc07795

暮らしていると、身近なもの、景色とか

あまりに身近すぎて、その良さというのでしょうか

もっている魅力に、気づけないことって多いと思うんです。

何か変に、とびぬけた「特別」を求めてしまったり。

周りの環境だけでなく、暮らし方も、そう。

なにか、もっと!便利な物!

なにか、もっと!他と違う物!

なにか!なにか!

言って、求めているるうちに

それとは違う、真に大切な部分を見落としてしまうような気がするんです。

----------------------

わたしたち、majakkaは、

暮らしを愉しむことを提案しています。

愉しむのは、暮らすひと本人。

誰かがお膳立てて、愉しませてくれるワケではありません。

自分で、自分の暮らしを愉しむキッカケとして

考えるスタートとして

オーダーメイドが、あったらイイな。

と、思っているんです。

ある物を選んで買ってきて、部屋に並べて

物に合わせた暮らしをするのでなく、

自分の暮らし方に合わせた「もの」を、選ぶために。

つくる・考えるキッカケとしての

オーダーメイドです。

----------------------

でも、言っている・提案しているだけではリアルではありません。

それを、実現させよう。

ということで、自分たちの暮らしを

majakkaビジョンで、つくっています。

(それを毎月1回、オープンハウスとして公開してます。詳細は後ほど)

それは、家の中だけで完結するものではなく

それを実現させるための舞台となる「まち」も、大切です。

暮らしは、家の中だけで完成するのではなく

周囲の環境、まちがあってこそ、完成すると考えています。

そして、わたしたちの選んだ「まち」は、

40年前につくられた、ニュータウン。

いまで言う、オールドニュータウンです。

なぜ、ここを選んだのかといえば、

いま在るものの魅力に溢れていたからです。

40年かけて、作りあげてきたものです。

正直、建物は新品ではないので

手がかかります。

まちも一緒です。

でも、その「在るもの」は、

いま、切り開いてつくる新しい町より

いま、更地にした場所に建てる家より

味があって、魅力的に感じるのです。

訪れた尾道もそう。

Dsc07823

坂の途中に、ブルーシートが巻かれた家が。

「ガウディハウス」と呼ばれる古い家屋です。

放置しておけば壊れてしまうような家屋を

まちの魅力として活かす。

その共存する姿が、うつくしく

訪れる者を、ワクワクとさせてくれるのです。

たぶん、古さ。

だけではないからだと思うんです。

古さを活かすために、新しい手が入ります。

古い考えだけでなく、新しい考えを

そこにプラスすることで、生まれるものを

育てることも大切です。

古さと新しさが、ともにあってできあがる

景色や価値観に

人は、惹かれるのかもしれません。

Dsc07805_2

写真は、「尾道U2」の海側の景色。

海運倉庫をリノベーションした複合施設です。

穏やかな海の景色と

力強い造船業の姿が相反しながらも

ともに響きあって、ひとつの景色となるうつくしさ。

尾道では、自分たちの暮らす「まち」の未来のキッカケが

あちこちに散らばっていて

また拾い集めるために

また、訪れたいなあ。

そう感じるところでした。

----------------------

majakkaは、自宅を 『暮らしのハコ301』 と名づけて

毎月1回、公開しています。

古い建物のリノベーションのこと、

あるものを活かして、自分らしく暮らすこと、

オールドニュータウンと、ニューな人との関わり・・・

などなど、イベントをしたりワークショップをしたりしながら

自分らしく愉しく暮らすとは、どういうことだろ?

というmajakkaのビジョンを、自分のリアルな暮らしに照らしながら

オールドニュータウン+団地の未来を

愉しく妄想しています。

今月は10月21日がオープン日。

詳細は、こちらのホームページにアップしてます♪

↓↓↓↓↓

【団地から。プロジェクト i n 高倉台】


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

10月のイベント出展のおしらせ

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、イベント出展のおしらせです。

----------------------

10月15日(日) 11:00~16:00

場所: マリンピア神戸

【 神戸食フェス 】

にて。

----------------------

「食フェス????」

じつは、わたしたちも、あらら??

と思ったのですが、

こちらの食フェスと同時開催の【子育て応援すまいるフェスタ】

のブースとして参加いたします。

----------------------

内容は、家族で愉しめるもの・・・

ということで、親子で作る

【子ども箸つくり・ワークショップ】を開催します♪

お子さまの手の大きさに合わせて

お箸の長さを決めて、木材を切断し

かたちを作っていきます。

こども箸つくりワークショップ・majakka

----------------------

これから、お箸を使いたいなあ・・・

という年齢のお子さまへ。

いま、使っているお箸が

長さといい、どうもしっくりこないなあ・・・

という、ちょっと不便で困ってるな。

そんなかたへ・・・

お父さん、お母さんから、お子さまへ。

とくべつな、手づくりの【 Myお箸 】の贈りものですよ♪

----------------------

こちらのお箸つくりと合わせて

もっと気軽にチャレンジできる「木の小物」つくりや、

木と触れる・遊ぶ、そんな場もご用意できたらいいな。

と、考えております。

----------------------

普段はなかなかmajakka店内から外へは出ない

オーダーメイドの家具&額縁も一緒に参加。

気軽に触れてみてください♪

あと、【食フェス】に合わせて、

食まわりが豊かに愉しくなる「木の小物」も並べますね。

手にとり、しっくりなじむものが見つかるとイイですね♪

ではでは、

秋の好い日に海辺の会場でお会いしましょう!

----------------------


イベント詳細 ・・・・→ こちらです


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

majakkaの夏休み・広島編③

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

まだ続いてます、広島旅。

前回に続き、乗りもの。(またかよ!ですが)

今回は、船です。

------------------

広島の呉市は海軍の本拠地だったこともあり

その関連施設が充実しています。

まず、

まちの中心部に向かう前に、「アレイからすこじま」へ。

国内で唯一、潜水艦を間近で見れる場所です。

場所です・・・・

Dsc07769

が、潜水艦そっちのけで

さかんに意味不明なポーズをとっております。

むしろ、こっちの方が興味深いようです。

Dsc07774_2

呉が軍港だった時代、

魚雷の揚げ下ろしに使用されていたクレーン。

古び感が、たまらない。(この部分は額縁屋の趣味でもある)

つづきまして、「大和ミュージアム」

Dsc07776

中学の時かなあ…

国語の教科書に、この「大和」のお話しがあったのを憶えています。

「大和は沈まない!絶対沈まない!」

その悲痛な叫びが伝わってくる。

数々の展示に胸が締め付けられる思いでした。

と・・・このひとは

Dsc07777

遊んでるし。

ミュージアムには、子どもが遊んで学べるエリアがあります。

3才には、大和は難しかったようで。

でも、本能的に「美しさ」は、わかるようで

本物のゼロ戦(零式艦上戦闘機)は、しっかり眺めていました。

え!?戦う飛行機でしょ!

美しいってどういうこと!

武器を外せば、飛行機です。

大和もそう。

その時代の役目として武器をのせられたけど

飛ぶ姿、海を進む姿

それらは、美しいと思うんです。

子どもたちに伝えることは、なにか。

かみしめながら、次の場所へ向かいます。

はい。

つづきまして、「てつのくじら館」です。

海上自衛隊の歴史を知る場であり

見どころは、なんといっても

本物の潜水艦に乗れること!

はいったど!

Dsc07778

1986年から2004年まで、実際に海上自衛隊で使用されていたものなので

狭さ・ゴツさが、リアルです。

後ろの方が、赤い照明になっているでしょう。

潜水艦って、ずっと海のなか。

時間の感覚が、わからなくなってしまう。

ということで

夕刻になると、艦内の照明の色を変えているそうです。

本気の真っ赤。

Dsc07786

非常事態に思えてしまう・・・

乗りもの好きの息子は、もちろん操縦桿へ。

Dsc07783

最近、思い出しては話しています。

「そうじゅうかんをな こーして ぐーっと さげんねん」

「で? さがってくの?」

どうやら艦内ボランティアの、おじちゃんに、我々の知らぬ間に

いろいろ教えてもらっていたようで。

「しょーたは(自分のこと) せんすいかんの けんきゅうをしないとなあー!」

なにになりたいねん、きみは。

理解できることも、できないことも

ひっくるめて

身体に刻む息子の姿を見ながら

呉を、でました。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

majakkaの夏休み・広島編②

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

前回に引き続き、広島旅の模様を。

広島というのは、造船が盛んなまちで

乗りもの好きとしては、たまらないエリアが随所にあります。

息子は、わたしたちの仕事、

「木」と向き合うこと以上に、「金属」&「まわるもの」

そう、乗りものに夢中です。

ということで、今回は乗りもの尽くしでお楽しみください。

(興味ない人には、しんどい)

---------------------

【乗りもの特集】

①マツダ自動車工場見学

事前予約が必要ですが、

猛烈に車好きでなくても、

日々、車を運転する人にとっては興味深く、

本気の車好きにとっては

こうなる

Dsc07716

場所ですね。

本社1階のロビーが集合・解散の場所になるのですが

ここに展示されている車は

乗り放題・さわり放題。

(息子の興奮止まらず)

ここから、バスに乗って工場に移動し

そこでは実際に製作している場を、

熱気と熱風を体感しながら見学できます。

人の手で組み上げていく姿に

自分も、ものをつくる立場の人間として胸が熱くなりました。

そう、機械ばかりで作っているわけではないのです。

やっぱり、「手」なんだな、と。

Dsc07730

ミュージアムでは、数々のクラシックカーと

マツダの技術を知ることができます。

(展示もりだくさんで、そのわりに時間短めで残念!)

工場をあとにして感じたことは

「欲求」ということ。

ここ最近、若者の車離れとか

(所有することの欲に駆られない現実)

自動運転とか

(自分で運転する愉しさからの遠のき感)

なんだか、車に対する

ガッツリとした「欲求」から

どんどん人が離れていっているような気がするのです。

そんな時代の流れの中でも

マツダは、とがってます。

走ること・運転することの

喜びや興奮を

他のどのメーカーよりも

突き抜けて発信しているような気がするのです。

どの社も販売してる似たような無難なファミリーカー仰山、作って売るんじゃなくて。

マツダの車を売る。

カッコいいですね。

自分の生きざまは、そこまで「とがって」いないけど

こんな時代だからこそ

自分たちの「とがりかた」も模索しながら

工場をあとにしました。


マツダ自動車工場見学については、こちらを

---------------------

さあー!乗りもの特集だもの、

次は、船だ!

と思ったのですが、前半語りすぎました。

のでので、次回に。

ゆっくりペースですが、広島旅報告まだ続きまーす♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

majakkaの夏休み・広島編①

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

7月の終わりから早めの夏休みをいただいておりました。

4泊5日の広島旅。

想像以上のオモシロさでした、広島。

その模様をお届けいたします!

--------------------

家族旅行で、子どもが3才ということもあり

必然的に、子どもメインといいますか

大人が喜びそうな、雑貨屋めぐり~とか

カフェめぐり~とか

そういうのじゃないです。

こんな感じです。

Dsc07744

大好きな車と。

というか、タイヤとうっとり~。(タイヤが好き)

(広島市のマツダ自動車工場見学にて)

ではでは、いってみましょー!

--------------------

【1日目・生口島】

家具屋の親戚のかたが、この生口島で暮らしているということで遊びに行きました。

東から西に広島県へ向かうルートをとると

まず、福山市。

そして、尾道市。

ここから、ポコポコした島の景色が広がり、

島々が橋でつながり、南に位置する愛媛県へとつながります。

そのルートの途中にあるのが、生口島。

おだやかです。

広島は、造船の町なんですね。

この島も、そう。

ちょっと歩くと、すぐ海。

そして、船が。

Dsc07686

majakkaファミリーと

生口島ファミリーと

夕方の海辺を散歩。

のどかです。

Dsc07680

同じ歳の男の子がいて

初対面ながら意気投合。

そして、似てる。

Dsc07691

いつか、どこかで。

また会える日を楽しみに。

島を後にしました。

--------------------

いろいろな場に出かけ

いろいろな人と出会う。

いま、そのキッカケを、わたしたち親がつくっているけれど

いづれは、自分から。

それができるとステキだなあって思うんです。

旅しろ、息子よ。

広島旅は、まだ続きます♪

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

DIYと、オーダーメイドと

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、DIYとオーダーメイドの違いってなんだろう?

それを、考えてみます。

----------------------

majakkaでは、わずかなのですが

「ものつくり」 ワークショップを開催することがあります。

2年前、「飾りだな」を作るワークショップをやりました。

・・・→ 詳細記事は、こちら

このときに、参加してくださったかたが、

後々、オーダーメイドの家具のお客さまとなったのです。

先日、納品に訪れた際、玄関には

2年前に作られた飾りだなが、飾ってありました!

「あ~、使ってくださってる!」

それが、なんともかんとも、本当にうれしくて。

majakka・飾りだなワークショップ

こちらのお客さま、

majakkaのお客さまの層のなかでみると、「若い」かたです。

majakkaにご来店されるかたは、

ファミリー層 ~ が圧倒的に多く

「若いひとにとって、オーダーメイドって、やっぱり敷居が高いのかな?」

って、思っていたんです。

----------------------

2年前のワークショップの頃を思い出すと

若いかたなのに、

「暮らし」に対する考え方がとてもしっかりしていて

わたしたちが、驚きました。

----------------------

器用で、電動工具をはじめ、道具もいろいろ揃えており

ご自身でもDIYを愉しまれるとのことでした。

自分でも出来る、作れるのに、なぜ?

ワークショップに参加してくださった理由を訊くと・・・

「自分でも作るけど、やっぱりプロは違う」

その境界線を大切にされていました。

あと、「メリハリ」

なんでも作る、ではなく

「ここぞ、という見せ場になるものはプロにお任せしたい」

キッチリと言いきってくださる姿に心打たれました。

majakka・飾りだなワークショップ

----------------------

今回はご結婚という

人生の「節目」に、

オーダーメイドの家具のご依頼をしてくださいました。

まさに、ここぞ!

という節目ですよね。

これから新たな暮らしをつくる、

暮らしを整えるキッカケであり、土台として。

そして、

長く大切に使えるものとして。

オーダーメイドの家具を迎え入れてくださいました。

作り手として

これは、まさに

人生の門出を祝う、贈りものだなあって。

おめでとうございます!

の気持ちをこめて、つくり、お届けしました!

----------------------

無事、納品が完了してから

「これなんですけど・・・」

何やら、奥の部屋から持ってくるお客さま。

キッチンに取り付ける棚をDIYでつくる・・・そのご相談。

そう、DIY魂は、ちゃんと健在♪

やっぱり、メリハリなんだなあって。

うれしくなりました。

つくることの愉しさを共有できるって、

やっぱり、うれしいです。

----------------------

今回、納品しました家具は

また、あらためて 「家具ブログ」 にアップしますね♪

(納品した家具を紹介しているブログです)

おたのしみに~。

----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

夏の休業日のおしらせ

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、7月~8月の休業日のおしらせです。

----------------------


7月29日(土)~8月4日(金)まで、お休みをいただきます。


----------------------

夏休みが始まってすぐ、お盆ちょっと前の

じつにビミョウな時期ではありますが

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

その期間、メール・FAXのご返信が出来ません。

お急ぎのお問い合わせ等、7月28日までにお願いいたします。

----------------------

さて。みなさま、夏の計画は決まっておりますか?

わたしたち、なかなか夏に長期で出かける!

ということはなく、今回が初めてです。

(こうしてお店を始めてから)

いろいろな目的を重ねて、広島に出かけてまいります。

日常もそうなのですが

出かけるとなると、子ども主体になってます。

大人目線の旅は、むずかしいですね~・・・

ギャラリーとか美術館とか、気になるお店巡りとか…(ムリムリ)

出かけると、

ところ構わず、

「おかーさん! きょーそー! かけっこしよ!」

なんでやねん。

そんな3才(夏終わると4才だねえ)とともに。

majakka夏のおしらせ

でも、なにか、今後の製作にかかわるエッセンスを注入して戻ってきますね~♪

ではでは、よろしくお願いいたします。


----------------------
----------------------

オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/29

額縁のブログができました♪

こんにちは、majakka (マヤッカ) です。

今回は、あたらしいブログできました!

の、おしらせです。

----------------------

もともと、majakkaのブログは、ひとつでした。

いま、みなさまにご覧いただいている「こちら」ですね。

しばらくして、

納品した家具を、いち早くお伝えしたい、ということで

【家具ブログ】
が、うまれました。

そして、いよいよ、

【額縁ブログ】 の、誕生です。

G05


----------------------

では、あたらしくうまれた【額縁ブログ】では、

何をお伝えしているのかというと・・・

いままで製作したオーダーメイドの額縁の

詳細を書いています。

----------------------

・ 何を飾ったのかな?

・ なぜ、飾りたいって気持ちになったんだろう?

・ どうやって、飾るのかな?(額縁の構造・デザイン)

・ どうして、そういう 「かたち」 になったのかな?

・ 完成して、手にしたお客さまの気持ちって?

----------------------

majakkaのオーダーメイドは

サンプルやカタログから選ぶ額縁屋ではないので

一見、むずかしそう…

って、なるかもしれません。

でも、オーダーメイドの壁って

むずかしさとか価格とか

そういうトコロではないと感じています。


手元にある 「モノ」 や 「瞬間」

それらは、所有する本人にとっては

とても愛おしくて大切なものなのに、

それを、きちんと 「納得したカタチ」 で

「見える化」 を、させることができていないのです。

だからといって、

なんとなく、オーダーメイドしちゃって

「これかなあ?こんなでいいのかなあ?」

という失敗も、コワイ。

と、感じている人が多いように感じます。

----------------------

ひらたく言うと

どこの誰に頼んだら、この「大切」が、きちんとしたカタチでおさまるのかな?

そんなトコに、モヤモヤしてると思うんです。

majakkaでは、

そんな、目に見えないわだかまりのようなものを

少しずつ、紐といていきます。

飾るものは、本当は「モノ」じゃなくて

目に見えないもの

消えかかる記憶の断片とか

あのとき感じた特別な気持ちとか

そんな、【 心 】 だと、

わたしは、信じています。

----------------------

だから、時間をかけて手間を重ねて試行錯誤・・・

同じものは、ひとつとない

ここ、majakkaだけで作られる

額縁という、特別な 「 箱 」 に、おさめていくことで

ひとりひとりの、大切が

「見える」んです。


「あ~、これは、やっぱり大切なものなんだなあ」

「かけがえのない瞬間が、いつでも目に見えるってステキだなあ」

って。

----------------------

額縁っていうと、木の枠でしょ?

そう思うかたは多いと思います。

でも、この仕事をしていて、

木の枠を作っているという感覚は弱いです。

むしろ、こんな感じ。

ご依頼主の心と記憶をおさめる

【標本箱】 を作っている感じです。

屋号変えようかな?って思うくらい。


majakkaの標本箱製作室。

そんな、ステキな標本箱の数々を新ブログにて。

ぜひぜひ、ご覧くださいませ♪

額縁ブログ・・・・→ こちら


----------------------
----------------------


オーダメイドの家具と額縁のお店・工房

majakka 「家具+額縁」

全体を見る・知るなら

WEBサイト・・・→ http://kagu-majakka.com/

オーダー家具・・・→ こちら

オーダー額縁・・・→ こちら

お問い合わせ・・・→ こちら


----------------------
----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«木の 「まな板」 削り、やってます♪